【前編】共に日の丸を背負う古木夫妻。コーフボールを通して出会った2人が、競技の魅力を語り尽くす!

2015.04.27 森 大樹

tumblr_inline_nnghoyG3ms1sbdiv9_500

 

ご夫婦2人揃ってコーフボール日本代表である古木翔さん(写真・左)・古木優(写真・右)さんご夫妻のインタビューです。コーフボールとはオランダ発祥の男女混合で行うスポーツであり、リング状のバスケットにボールをシュートして得点を競う競技です。古木翔さんは日本代表の選手兼任監督として、優さんは女性のエースとして、日本コーフボール界を牽引されているお二人にコーフボールの魅力をお聞きします!

 

コーフボールとの出会い

 

–  まずは翔さんから、今までのスポーツの経歴、コーフボールとの出会いを教えてください。

【翔さん】

小学校5年生からバスケットボールを、高校・大学ではフットサルをやっていました。高校2年生からコーフボールを始めて、大学3年生からはコーフボール一筋でやっています。2015年11月でコーフボール歴10年になります。

コーフボールとの出会いは新聞でした。新聞の地域情報欄にコーフボールの紹介が載っていて、メンバー募集をしていたのがきっかけでした。当時やっていたフットサルの他にも何かやりたいと思っていたところ見つけたという形です。

初めて練習に参加した時、チームにはまだ5人しかおらず試合もできない状態でした。当時はシュート練習のみという感じでしたね。人数は少ないですが、20~25歳の若い方が元気良く練習している良い雰囲気でした。

 

–  日本ではその5人の方がコーフボールの始められたのでしょうか。

【翔さん】

日本でのコーフボールの発祥は秋田県です。第2のオリンピックと言われている「ワールドゲームズ」が秋田で行われた2001年に、日本にもコーフボールが入ってきました。そこでプレーされていた方にコンタクトを取った現・日本コーフボール協会理事長の飛佐さんが東京でチームを発足させました。秋田の選手にも教えてもらいながら東京での練習に励みました。

 

–  優さんのスポーツ経歴、出会いを教えていただけますか。

【優さん】

私は中学校、高校とバスケットボールをしていました。専門学校の時は、少しの時間ですが女子ラグビーをやっていました。

コーフボールとの出会いは友人に誘われて練習に行ったことでした。すぐにのめり込んでいきました。誘ってくれた友人が日本代表だと言っていて、一体何のスポーツかと思っていたらコーフボールだったんです。頑張れば日本代表にもなれるし、自分でこれなら打ち込める競技だと思えたので、続けてみることにしました。

 

–  まだ競技人口が少ないと練習も大変だと思います。練習メニューは誰が考えているのでしょうか。

【翔さん】

東京では現在、私が練習メニュー考えています。海外の試合動画などを繰り返して見て、必要だと思った練習、戦術を考えて取り入れています。

 

【優さん】

翔さんは家でも私とあまり会話をしなくなるくらい、コーフボールの動画を見て研究しています(笑)

 

【翔さん】

私は戦術やメニューを考えたりすることが好きだったので、そういう楽しみも感じています。昔からいろいろなスポーツを見るのが好きで、チームとしての戦術や様々な選手の動きを見ていました。この前は野球観戦に行って、試合前のゲッツーの練習を見てテンションが上がっていました(笑)

 

tumblr_inline_nn4qssAewR1sbdiv9_500

 

–  今年から翔さんは選手兼任という形で日本代表の監督に就任されました。

【翔さん】

監督をさせていただくことになったので、自身が経験してきたこと、身につけてきたことをしっかり伝えていきたいです。そうすることで日本のレベルを上げたいです。これからは選手として試合・練習をしながら、今まで以上にいろいろな指示を出せるようにならなければいけないですね。