W杯優勝、そして得点王へ。ビーチサッカー日本代表エース・後藤崇介は「夢を持ち続けることが目標」

2015.04.20 森 大樹

後藤崇介

 

今回はビーチサッカー日本代表・後藤崇介選手のインタビューです。先日行われたAFCビーチサッカー選手権で日本代表は準優勝し、後藤選手は大会得点王に輝きました。またその大会で日本代表は今年7月に開催されるFIFAビーチサッカーW杯の出場権を獲得し、後藤選手のさらなる活躍が期待されます。

 

夢を持ち続けることが目標

 

-まず、後藤選手のスポーツ経歴を教えてください。

小学校から大学までずっとサッカーです。ただ中学の時はほとんど真剣にサッカーは取り組んでいませんでした。僕自身選抜に選ばれた時期もありましたが、部活のチーム自体があまり強くはなかったですし、サッカー以外のことをしている時間も多かったと思います。

高校も格好付けていた時期があって、正直そこまで本気ではなかったと感じています。でも最後に選手権(全国高校サッカー選手権大会)に行けなかったことが悔しくて、真剣にやってみようと考え、大学でもプレーすることにしました。

一旦は私立の大学に進学したのですが、小さい頃から沖縄に住んでみたいという夢があったので、途中から沖縄に移り住むことにしました(笑)始めは沖縄の大学のサッカー部に所属していましたが、その後沖縄かりゆしFCに移籍しました。そこまではサッカー1本です。

 

-サッカーからビーチサッカーに転向するきっかけを教えてください。

かりゆしに所属している時のオフシーズンに沖縄でビーチサッカーの全国大会がありました。トレーニングの一環でその大会に参加した時に沖縄レキオスBSから声をかけてもらったことがきっかけで本格的にビーチサッカーを始め、2年間沖縄でプレーをし、その間代表にも選出されました。ただ正直そこでビーチサッカーをやり切ったと思ったので、一旦サッカーに戻ることにしたんです。それでまた少しサッカーをやりましたが、でもやはりビーチサッカーの方が面白いと感じたので、もう一度始めて今に至ります。本当にビーチサッカーって面白いんですよ。

 

-後藤さんが思う、ビーチサッカーの魅力を教えてください。

僕はFWなので、ゴールをたくさん決めることが嬉しいですし、オーバーヘッドのようなアクロバティックなプレーを特徴としたエンターテインメント性があるので、観ている方もやっている方も楽しいと思います。

 

ビーチサッカー日本代表

 

-様々な国でプレーされていますが、異国の地に飛び込んでいくのは勇気がいると思います。そのモチベーションはどこから来ていたのでしょうか。

一番の理由は日本にいてもこれ以上うまくならない、一皮むけるためには海外に行かないといけないと思いました。それで海外にトライアウトなどを受けに行きました。外国人は体が大きくて、強さがあります。一方で日本人は体こそ小さいですが、献身的で素早い。なので、僕のようなプレースタイルに付いて来られない外国人選手もいて、これはいけると感じた瞬間でしたね。

 

-海外生活の中で苦労したことを教えてください。

体重の維持は大変でした。海外は太りやすいものばかりで、しかもおいしい。なので、食べ過ぎには気を付けていました。言葉はノリやジェスチャーで何とかなりましたし、僕はその国の言語を覚えることが好きなので苦ではなかったです。ただ怒る時は大変でした。具体的になぜ怒っているのかを伝えないと、怒る意味がないからです。

 

-今回のW杯に出場における後藤さんの目標を教えてください。

優勝すること。そして、得点王になることです。別にいいビーチサッカーをしよう、いい勝ち方をしようなどとは考えておらず、求めることは結果だけです。とにかく結果を出すことが大切で、内容は二の次だと思っています。

 

後藤崇介

 

-後藤さんの人生における目標を教えてください。

夢を持ち続けることが目標です!あとは自分のグラウンド・TAKAフィールドを作ってみたいですね。

ビーチサッカーを盛り上げることがチームへの恩返し

 

-後藤さんはご自身でサッカースクールも運営されていますが、どういったことをコンセプトにやっているのでしょうか。

子供達に実際に見せるということが大切だと思うので、スタッフは全員現役選手です。見せることによってコーチのことを尊敬して欲しいと思っています。あの人みたいになりたいという憧れの存在が身近にいることで練習のモチベーションになりますしね。これは僕自身が子供の時に感じていたことに基づいています。指導の内容も大切ですが、人に言われなくても自分で練習してどんどんうまくなっていくことが理想だと考えています。

 

-今後ご自身のチーム立ち上げを考えているとお伺いしました。

今所属しているレキオスにはここまで立派に育ててもらって感謝しきれません。ただ、いつまでも今のチームにお世話になるわけにもいかないですし、今後のビーチサッカー界の発展のためにも代表選手がチームを作って、各地に広めていく必要があると考えています。海外では代表選手の所属チームは各地に散らばっているんです。新しいチーム設立を通して、ビーチサッカー界に盛り上げ、貢献することが、今のチームへの恩返しだと考えています!

 

後藤崇介

 

-ここからは後藤選手ご自身についてお伺いしていきます。

 

-今まで数々の国に行かれていると思いますが、ご自身の肌に合う国はどこでしたか。

ブラジル、イスラエル、アメリカ・ロサンゼルスですかね。暖かいリゾート地がよかったです。一番はイスラエルですね。

 

-美人が多いことでも有名ですしね(笑)好きな異性のタイプを教えてください。

本当にイスラエルは綺麗な人が多かったです。タイプは、僕に付いてきてくれる人がいいですね。

 

-好きな音楽を教えてください。

DEENです。車で良く流しています。

 

-趣味を教えてください。

ドライブが好きです。あとはフィットネスクラブによくいます。そこでズンバやダンスやエアロビクスをします。温泉巡りもしますね。

 

-最後に読者の方にメッセージをお願いします。

日本でもリーグ戦が始まって、観られるチャンスがあるので、まずは一度ビーチサッカーを観に来て欲しいです。来て観て頂ければ絶対に好きになると思います!お待ちしています!