【後編】過酷な環境での経験を糧に。整骨院院長が語るゲレンデでの成長と、3つの裏話

2014.08.10 AZrena編集部

 

【前編】はこちら

 

厳しい現場に行くことが必要不可欠だと思っていた

 

–  治療のお話の中にあった、ゲレンデの整骨院で外傷を一日に何件も診られていたというのは日本の整骨院ではあまりない環境だと思うんですけど、その現場ってどのような感じですか。

患者さんには失礼になるかもしれませんが、正直わくわくしました。脱臼や捻挫、骨折など教科書で見た外傷のほとんどを経験できましたよ。

 

–  一日何件くらい診られていたんですか?

多い日だと10件はありましたね。ほとんどが外傷です!

 

–  そのゲレンデでの経験は今の開業には活きていますか。

外傷の処置は経験がモノを言うので、厳しい現場に行くことは必要不可欠だとずっと思っていました。開業前のタイミングで、ゲレンデでの経験をさせていただけて本当に良かったです。実は僕のまわりでもとても多いのですが、全く外傷を診たことがないとか、テーピングが巻けないとか、それなのに院長をやっていたり、開業していたりする人も多くいます。僕は幸いにもゲレンデで経験を積ませてもらえたので、これから先、どんな症状の人が来ても大丈夫だと、すごく自信になっています。

 

–  そもそも整体やカイロプラクティックや接骨院や整骨院の違いを知らない方たちが良い治療家を探すにはどうしたら良いと思いますか。

それは本当に難しい課題だと思うので、Q&A Sportsさんで逆にお願いします(笑)

 

–  ケガしたときや身体の調子が悪いときに、どこにいったらいいのか、どの治療院が信頼できるのか、そういったことがわかるようにしていきたいですね。

整骨院に関する3つの裏話

 

–  ここからはお仕事から離れてプライベートな質問をさせていただきます。

なんでも聞いてください。

 

–  スポーツや仕事関係以外の何か趣味はありますか。

倉木麻衣です。

 

–  ピンポイントですね(笑)倉木麻衣さんのどこが好きですか。

ルックスも歌も大好きです。去年までは毎年ライブには行っていたんですけど、今年は開業の準備で時間もお金もないので、泣く泣くライブを断念しました。今回の開業でつらかったことは、倉木麻衣のライブを我慢しないといけなかったことですね(笑)

 

–  もし接骨院を開業していなかったら、他に何かしたいことはありますか。

パッと思い浮かぶのは山岳ガイドです。

 

–  山登りがお好きなのですか。

始めたばっかりで全然行けていないですが、山に行ったときに山って本当にいいなと思って、もし今よりもっと若いときに出会っていればそういう仕事に就いていたかもしれないです。あとはスカイダイビングとかスキューバダイビングなど自然的な場所でも働きたいなって思います。あとは消防や自衛隊のような、めちゃめちゃ厳しい訓練をしてみたいとも思っていました。

 

–  次は久保田さんの魅力を教えてください。

“あったかい”というところですかね(笑)自分が冷たくされるのも嫌で、そういう雰囲気も嫌いなので、初対面はシャイだったりもしますが、雰囲気を良くしたいなっていう意識は常にあります。

 

–  会った瞬間にあったかさを感じました。話していると説得力あります。

–  座右の銘や好きな言葉はありますか。

「無知の知」という言葉が大好きです。解釈もいろいろあるんですけど、僕の解釈は、無知ということを自覚している方が自覚してない人より優れているということです。知っている気や、やっている気にならずに、まだ改善点はある!もっとできることはあるんだ!という自覚をもってやっていけたらいいなと思っています。

 

–  整骨院の裏話やみんなが知らない話があれば教えてください。

大きく3つありますね。

まず1つ目は、接骨院と整骨院の違いです。この2つは、必要な免許も施術内容もすべてまったく同じです。実は、本来は“接骨院”か“ほねつぎ”という名前しかダメなんです。“整骨院”っていう名前はダメなんですけど、実際は“整骨院”と掲げている方が多いのが現状です。普段、違いを聞かれたときは、「診療所、医院、クリニックのように、名前が違うだけですよ。」と簡単にお伝えするんですけど、厳密には“整骨院”は法に抵触します。元々は整形外科や整体っていうのが増えて流行ってきて、どこかの誰かが「整骨院」って名前ではじめたら、その方がお客さん受けが良くて増えていったらしいですよ。免許を持っている人はみんな学校を卒業してますし、学校の授業で「整骨院という名前はいけません。」って教わるんですけどね。一般の方々が、無資格の“整体院”と混同してしまう原因の一つだと思います。

2つ目は、「交通事故」や「むちうち」というワードで売っている院についてです。最近では「交通事故治療」などと書かれたのぼりを立てている院まであるし、「当院は交通事故専門治療院です」としているところがありますが、なぜかというと、交通事故の治療の方が、単純に一般の健康保険よりも割がいいからです。目立つだけ目立って治療技術が低い院もたくさんあります。症状が強くて本当に辛い方が、ちゃんとした院に巡り合えますように…。

3つ目は、接骨院の保険についてです。通りがかりの方などに、「保険は使えるの?」という質問を本当によくされます。これが「保険が使えるような施設なら安心ね。」という意味ならば良いのですが、ほとんどの方が「保険が使えるなら安いのね。」というニュアンスで話されているようです。実は接骨院の保険制度では、一度のご来院で数百円~1000円前後の保険負担しかありません。当院でも自由診療も取り入れて、しっかりと時間を確保した治療にも取り組んでいますが、保険が使えない治療院と比べて大幅に安くなるということはないんですよ。

 

–  最後に、見てくださっている方に一言お願いします。

たくさんの治療家やトレーナーがいて、同様の施設も数えきれないくらいあって、自分はどこに行ったら良いのか、誰に相談したら良いのかわからない方はたくさんいらっしゃると思います。横浜クリア接骨院は、様々な手技治療~お身体のメンテナンス、リラクゼーションから運動、スポーツのお悩みまで、どんなことに対しても対応できるように準備をして、みなさまをお待ちしております。何かお困りのことがあれば、ぜひ一度ご来院ください!

 

【前編】はこちら

 

r