会場を“フルハウス”に。女子格闘技に求められるスターの必要性

2016.06.02 森 大樹

大井さん4

人気放送作家・大井洋一氏に、格闘技の魅力と女子総合格闘技・DEEP JEWELSの選手紹介動画の制作について伺う今回のインタビュー。

後編では引き続き、動画制作の流れやその想いについて語ってもらった。

 

前編はこちら

 

動画で切り取るのは選手の“1人の人間としての姿”。

 

具体的にはどういった流れで動画作成をしていくのでしょうか?

今はオープニングとメイン試合の動画を作ることになっているので、まずはその日のメインイベントを決めてもらいます。その上で今回の大会の位置づけや見どころはどこにあるかを考え、台本を書き、ディレクターに指示をします。それでそのディレクターと一緒に取材に行きます。因縁のある対戦カードならバチバチやり合ってもらおうとか、事前にだいたいの構図は決めておきます。

そうして撮ったものをディレクターが編集し、上げてもらって、どこをカットするかなどの細かい部分を決めます。でもディレクターがすごく優秀なので、もちろんストーリーは僕が書きますが、絵作りの部分は彼に任せていますね。

 

しかし、そのようにすぐに構図を決めたりするには知識量とそれを活かせるだけの感性が必要だと思います。そのために普段から意識して取り組んでいることはありますか。

選手のTwitter、ブログ、Facebookなどは必ずチェックしています。

この前もとある選手がブログに自分がカムバックした理由を『JEWELS全体が不甲斐ない試合をしているから』と書いていました。取材の時にその記事の話題を持ち出して、「それ、ここで言っちゃえば他の選手も奮起すると思うんですよ」と煽ったりします(笑)

それで煽ってもらってきたコメント動画を対戦相手のところに持っていって、「向こうは、こんなこと言ってますよ!」とそちらも煽ったりしています(笑)

僕は試合に初めて来た人がどういう視点で観るかを常に考えるようにしています。男子だと絶対KOで勝つ!とか、ぶっ飛ばしてやる!という部分が見られがちですが、女子の場合は競技の性質上、あまり合っていない気がしているんです。だからそれよりもSNSやブログで選手のよりパーソナルな部分を拾ってくるようにしています。例えば富松選手は普段介護の仕事をしているとか、そういう情報を通して一人の人間としてどんな人なのかを知ってもらい、応援したくなるような発信の方法を考えています。強さうんぬんの話より、そっちの方が面白いし興味を持つんじゃないかと。

PRIDEやRIZINというのは夢の舞台で、エンターテインメントのステージであり、出ている人は皆、特別です。一方で女子総合格闘技は等身大の女性がやっていて、普通の生活をしているのにこんなに頑張っているということが伝わった方がいいと思います。その仕組みがスター選手を踏み出せない要因の1つなのかもしれませんが、まだ女子総合格闘技は特別感を出す段階にはないような気がしています。

 

そのような煽りPVがあることで事前情報なしで初めて観に行った人も楽しめますね。

あと、選手にはキャッチフレーズを付けるのですが、大抵それは格闘技における強さを表しています。でも以前、めざましテレビでスイーツ特集をやっていて、“今、OLに人気です”と書かれていました。

僕はそれを観て、キャッチフレーズとはこういうものだな、と思ったんです。女子総合格闘技を観たことがない人でも、その内容を読めば選手のことが分かるものを付ける必要があると気づきました。

例えばKAI選手には“UFCファイター・金原正徳の愛弟子”というキャッチフレーズを付けていましたが、格闘技を全く知らない人にこの凄さ伝わるかなと思いました。それよりも彼女の経歴の特徴の1つである、“京都大学出身です”と書かれた方が初めて観に来た人には興味を持ってもらいやすいですよね。他の選手だと“このために青森から上京してきました”というのもあります。もちろん強さの部分を強調するために“日本一関節技の強い女子格闘家”のような形で付けることもありますけど。

 

他の団体の煽りPVを観ることもありますか?

観ますよ!以前(※)TTFの試合に女子選手が出場した時に、煽りPVのカメラが今までの格闘技における経歴を追うと同時に、彼女の家の中まで入って普段はどんな生活を送っているのか、というのを取り上げていました。それはおそらく選手と(※)長南さんの距離が近くて、だから家にも入れてもらえたのだと思います。僕はまだ選手の家にまで入ることができていないので、それを観た時はものすごいジェラシーを感じてしまいました。「うわぁ…やられた…」という感じです。もはや何も選手が話さなくても、自宅の映像が映っているだけで、説得力が出ますからね。

他の女子格闘技団体でより踏み込んだ、いいものを作られると特に悔しいです。僕には言わなかったことを他の団体のPVで話されていたりする時もありますし。逆に言えば、今日いきなり来たディレクターには話さない部分を引き出したいので、なるべく選手との距離は近くなりたいと考えています。

 

※長南 亮:総合格闘家。UFC、DEEPなどで活躍。TRIBE TOKYO M.M.A主宰。格闘技イベント・TTF(TRIBE TOKYO FIGHT)などを開催。

 

大井さん7

 

選手との信頼関係のために、いいものをつくる。

 

今後の目標を教えてください。

まずは女子格闘技、DEEP JEWELSの会場をフルハウス(満員)にする、そしてソウルドアウト(チケット完売)にすることです。

あとはスター選手が出てほしいです。別に選手を自分で抱え込んで儲けようとか、そういうことは考えていません。もう親みたいな気持ちです(笑)何とか独り立ちしてくれ、誰でもいいからスターになって巣立っていってくれ、という感じです。何なら上のステージに行って帰ってくるな、と思っているくらいです。本当はたまに戻ってきて、集客に貢献してほしいですけど。

そして個人的には両親を取材させてほしいと依頼した時に許可をもらえるような選手との信頼関係をゆくゆくは築けたら嬉しいです。そのためにはいいものを作るという信頼感を選手から得る他ないと思うんです。それがあれば自分の家を見せたり、プライベート部分を見せることで、よりいいものを作ってくれるだろうという考えに繋がるでしょうから。

 

今も格闘技の練習を続けているとお聴きましたが、どのくらいの頻度でやっていますか?

時間が空いた時はほとんど練習しています。週4〜5日練習していますが、1回2時間とかですかね。

 

お子さんはレスリングをされているそうですね。

何かやらせようと考えた時に知り合いからキッズレスリングの話を聞いて、体操のような感覚で始めたところ、子供も奥さんもハマってしまいました。

今では僕をほったらかしてずっと練習しています。たまに大会で週末いない時までありますからね(笑)正直「何でこんな風になっちゃったんだろう…」と思っていますよ。そろそろ辞めさせたいんですけど、成績も良くなってきてしまって。上の子は女の子で、小学5年生なんですけど、体の形がレスラーになってきているんです。ちょっともう引き返せない感じが出てきています(笑)

でも娘自身もこれから先ずっとレスリングをやるつもりいるようですし、奥さんも自分の子供が戦う姿を応援したいと思っているみたいです。

一方で僕はのめり込みすぎると選択肢が狭くなりそうで怖いんです。突き詰めると自分より才能のある人に出会った時に辛くなりますしね。意欲的に朝から夕方まで練習できるというのもある意味才能なのかもしれませんけど。

 

大井さん3

 

好きだから、仕事にしたい

 

もし放送作家でもなく、格闘技にも出会っていなかったら何をしていたと思いますか?

今のように楽しいことの延長で仕事をしていたのかな、と思います。好きだから、仕事にしたいんです。

あとはなるべく人がやらないことの隙間を見つけたいと考えていたので、何かそういうものを探してやっていたかもしれません。

 

大切にしている言葉やモットーはありますか?

“生産性の低いところに、熱が宿る”という言葉です。これはDDT(プロレス団体)のマッスル坂井(プロレスラー)さんが言っていました。

意味のないことを突き詰めていく、そのパワーにこそ一番の“熱”があるということだと僕は解釈していて、それはDEEP JEWELSにも通じると思っています。超マイナーで、痛いし、金にもならない、一見意味のないようなことに思えるけど、それを一生懸命やりたいという選手達のその気持ちって情熱以外の何物でもないと思うんです。

僕も見合わないお金でPV製作を行っているのはそこに情熱があるから。主催者側だって6000円のチケットを100枚売っても60万円にしかならないわけで、そこから会場費や選手へのギャラを払ったら手元にはほとんど残らないですし、もしかしたら赤字かもしれないわけですが、それでも続けているのは情熱を持っているからでしょう。

僕はその“熱”に勝るものはないと思っています。

 

では、最後に読者へのメッセージをお願いします。

とにかく会場に来て欲しい!女が昼間から新宿で、マジでぶん殴り合っているのを見たことあるか?って話ですよ。ぜひ酒を飲みながらでもいいから観てほしい。キャットファイトみたいにキャーキャー言いながら殴り合っているのとはワケが違いますから。そして、その中からスターを見つけてください。

 

前編はこちら

大井氏が選手煽りPV作成を行う、女子総合格闘技・DEEP JEWELSが6月5日に新宿FACEで開催されます!

詳細はこちら(DEEP JEWELS ホームページ)