欧州で戦う現役日本代表・高橋由依が主導する、フロアボール普及への道。

2015.11.26 竹中 玲央奈

高橋1

小学生の時からフロアボールを始め、高校1年生で日本代表に選出された高橋由依。フロアボールの本場・スウェーデンに渡り、3シーズン半に渡りプレーをし、現在はプレーヤーとして活躍をしながらも「T3 FLOORBALL PROJECT」を立ち上げ、フロアボールの普及と競技力向上に向けた活動をしている。

 

高校1年生の春に日本代表へ選出される

-高橋さんがフロアボールを始めたきっかけを教えてください。

私は川崎市で生まれ育ちました。川崎の学童保育ではフロアボールをもっとレクリエーション化したミニホッケーというものがすごく盛んで、学童へ行ったらミニホッケーか一輪車かけん玉しかやることがなかったですね。それでミニホッケーを始めて、楽しくてすぐハマってしまったんです。小学校2年生になってからは、たまたま当時のフロアボール日本代表だった方が職員として私が通っていた学童に来ました。そこで「もっとちゃんとやらない?」と声をかけて頂き、フロアボールを本格的に始めたという流れです。

 

-日本代表に入ったのはいつごろでしょうか。

高校1年生になって選ばれました。代表は年齢の下限があって、15歳以上という規約がありました。中学生の時に一度、今後に向けて試しに代表の選考を受けさせてもらったことはありましたが、初めて正式に選出されたのは高校1年生の春頃のことです。 周りは皆年上でしたし、大学生以上の社会人の選手が多かったので、大変でしたね。 まだ若くて世間も知らないので社会人の選手たちとどうやっていけば良いのか、悩んだこともありました。ポジション争いがある中で、自分がそこを勝ち抜いて上がっていった時に周りの人達とどううまくやるのか、という人間関係におけるテクニックもありませんでしたからね。そういう部分は大変でした。あとはただ、がむしゃらにやっていただけです。

 

-日本代表に高校在学中に選ばれて以降も、ずっとフロアボールをやっていこうとは思っていたのでしょうか。

当時はフロアボールが本当に楽しくて、やめることなんて考えられなかったです。一番受験で忙しい高校3年生の冬にも日本代表の選考があって、ちょうどその時期は入試と重なっていました。なので、その時は学校が終わったらすぐにジムでトレーニングをし、走りながら単語帳を見て、それが終わったら予備校で勉強する…というような生活をしていました。代表選考の発表の3日後に大学の合格発表だったので、12月はすごく忙しかったですね。

 

-大学選びはどういった形で行ったのですか。

教員になりたいというのがあったので、教育学部にいこうと思っていました。でもフロアボールはマイナースポーツなので、遠征があるとすごくお金がかかるんですよ。基本的に全部、遠征にかかる費用は自費です。連盟が参加費を払ってはくれるんですけど、個人の旅費や向こうでの滞在費は全て自分で負担する必要があります。競技にお金がかかることは分かっていたので、受験における親との公約では国立大学に入ったらそれは支援してもらえることになっていました。なので、国立大学で教育学部という風に絞って、候補に出てきた横浜国立大学を選びました。

 

-遠征の費用は海外に行くときも当然必要ですよね。今まではどこに行くことが多かったのでしょうか。

フロアボールは北欧やヨーロッパで盛んなスポーツなので、だいたい大会はヨーロッパでやるんですよね。そうなると1回の遠征で3,40万はかかります。私は今年で代表選手としては11年目になるので…トータルでかかった金額については計算しないようにしています(笑) 遠征では今まで十数ヶ国行きました。ヨーロッパ以外でもアジア大会でシンガポールやオーストラリア(オーストラリアはアジアの連盟に加盟)にも行きました。

高橋2

2015年世界選手権アジア予選のオーストラリア戦