40歳からスポーツ業界に転身し最前線へ進んだ男が語る、人脈やネットワークの重要性。

54歳になった今でも自分には可能性があると感じていますし、20代や30代の若者と話をすると、彼ら彼女らは何でもできる可能性を秘めていると思うんです(オクタゴンジャパン・芦塚倫史)   2002年に開催されたサッカーの日韓W杯を機に、日本でもスポーツに関するビジネスやマネジメントが盛んになり、スポーツを仕事にする選択肢が増えていきました。とはいえ、10年以上が経過した今でも、スポーツ業界は … 続きを読む 40歳からスポーツ業界に転身し最前線へ進んだ男が語る、人脈やネットワークの重要性。