フロンターレの元プロモ部・高尾真人がカナダで第二の人生を歩む理由

「インターンの時、実家の船橋から通っていたんですよ。毎日終電ギリギリです。でも、そこで熱意を見せられた。認めてもらえたのかな、とも思っています。それに、“ここで拾われなかったらもう後はないな”と覚悟を決めてやっていましたから。」 (株式会社A to 代表取締役 高尾真人) 2017年シーズンのJリーグで悲願の初優勝を達成した川崎フロンターレ。このクラブの目玉は、何と言っても、試合日に行われる様々な … 続きを読む フロンターレの元プロモ部・高尾真人がカナダで第二の人生を歩む理由