運動音痴な幼稚園教諭からバイクインストラクターへの転身!平野由香里が歩む“スパイシー”な人生。

2016.07.12 森 大樹

IMG_3310

近年、日本における自転車総販売台数のうち、ロードバイクなどのスポーツ自転車が占める割合が増加している。周囲に通勤などでロードバイクに乗る人がいる方も多いのではないだろうか。

しかし、一台10万円を超えるスポーツバイクには簡単には手が出しにくいことも事実。そこで今回はサイクリングインストラクターの平野由香里氏をお招きした。

実は平野氏自身はスポーツとは無縁の人生を送っていたと言う。中学・高校時代は文化系の部活に所属し、前職は幼稚園教諭だ。そんな平野氏だからこそ、スポーツ好きだけでなく、運動が苦手な人にもスポーツ文化を発信できることがきっとある。

 

幼稚園教諭からスポーツジムへ転職。実は運動は苦手な方だった。

-まず、平野さんがスポーツに関わることになるまでの経緯を教えてください。

 小学生の頃は体が大きかったのですが、走るのが遅くて50m走もビリとかビリから2番目とかでした。だけれどもなぜか、運動が出来ないことに対して特にコンプレックスはなかったですね。「なぜか私はうまく出来ないな〜。」くらいの感覚でした。ぼーっとしていた子だったと思います。スポーツはその後も全然していなくて、中学校では演劇部、高校は家庭科部に所属していました。

 私は小学生の頃から幼稚園教諭になりたかったので、高校卒業は幼児教育の大学に進学しました。そこでは学園祭の実行委員をしたり、YMCAの野外ボランティアのキャンプリーダーを務めていました。

 卒業後は晴れて幼稚園の先生になることができ、子ども達と関わる時間はとても貴重な時間で、日に日に成長していく子ども達からいつもパワーをもらっていました。

 しかし、現在ニュースでも取り上げられているように、保育の仕事は「楽しい」だけではないんですね。日々の業務も夜遅くまであり、家に帰ってからも持ち帰りの仕事もあり、不器用な私はこれを一生の仕事とするのは厳しいと感じるようになって、3年後にはその当時担任を持っていた子ども達の卒園と同時に新しい仕事に就くことにしました。

 

-運動もそこまで得意でなかった平野さんがなぜ転職でスポーツジムの仕事を選んだのか、すごく気になります。

「働きながらダイエットできたらめちゃいいやん!」と、正直初めは軽い気持ちだったんです(笑)そもそも運動ができないことを自分ではコンプレックスと思っていませんでしたからね。むしろ運動音痴なことを忘れていたほどです。その当時は今よりも6〜7kgは太っていて、身体が重たかったですね。スポーツジムで面接した時は、ジムで働いて、綺麗になって、だれかと結婚して辞めようかな、なんて思っていましたよ(笑)

 そしてスポーツクラブで働くようになって、ようやく自分が運動音痴だということを思い出しました。ダンスをしても、筋トレも、機能的な身体の動かし方も、全て上手く出来ませんでした。

 でも私が勤めていた大阪市内の大手スポーツクラブは、当時一流のインストラクターさんや意識の高いトレーナーさんばかりで、それに影響され、だんだん自分も「インストラクターになりたい」「いや、意地でもなる!」と思うようになっていきました。3年間アルバイトの中でトレーニングを積んで、トレーナーとインストラクターの資格を取って、やっとこさフリーのインストラクターとして独立したという流れです。

 きっとあんなに運動音痴とはスポーツクラブの方も面接の時には、思っていなかったでしょうね(笑)本当に当時のスタッフの皆さんにはお世話になりました。

 

-様々な資格を取得していますが、その中にスキーインストラクターもありますね。

スポーツジムに働きに来る人はたいてい運動部出身だったりします。研修でも筋トレのフォームチェックや〝何キロの重りを持って何セットする〟などのテストがあり、私だけ全然できないわけです。

他のスタッフは、野外でのスポーツも出来てバスケが上手かったりバレーやサッカー、野球とそれぞれ得意分野がありました。それがとても悔しかったので、2ヶ月間休みをもらって雪山にこもり、スキーインストラクターの資格を取りました。結局そこに来る方も運動神経がいい方ばかりで、ここでも人一倍練習しましたね(笑)

IMG_3296