島田 佳代子

100年以上続く英国の伝統から。代表出場回数はなぜ「キャップ」と言う?

サッカー日本代表の試合を観ていても、代表デビューを飾った選手は「初代表キャップ獲得」、5試合出場した選手は「5キャップ」といったように、選手の代表戦での出場試合数を表すものとして、「キャップ」が使用されています。なぜ「キャップ」というのか、ご存知でしょうか?

 

これは、サッカーやラグビーの母国であるイングランドで、代表選手として試合に出場した選手に実際に「キャップ=帽子」が授与されることが由来です。まだ近代フットボールが確立される以前のイングランドでは、各チームの選手がお揃いのシャツやショーツを着用することはなく、敵味方の区別をつけるために帽子を被ってプレーをしていたことが、そもそものきっかけと言われています。1872年に行われた世界で最初のサッカーの国際試合「スコットランドvsイングランド」では、スコットランド代表の選手たちは頭巾、イングランド代表選手たちはそれぞれ出身校の帽子を被って戦いました。
そして、1886年になると世界最古のサッカー協会FA(1863年に創設)により、イングランド代表として出場した選手には統一された帽子が贈られるようになったのです。

以前、元サッカーイングランド代表のトレヴァー・シンクレアや元主将のスチュアート・ピアースに確認したところ、イングランド代表は試合ごとに対戦相手の国名が刺繍された帽子が、UEFA欧州選手権やW杯といった大会では大会ごと対戦するすべてのチーム名が刺繍された帽子がひとつ授与されるそうです。アイルランド、スコットランドとウェールズの元代表選手からは、何試合出場しても1年で1キャップしかもらえないと聞きました。大会に関してはイングランド同様です。

 


また50キャップ目や100キャップ目といった節目の際には、通常とは異なる金色の特別なキャップが作られ、スタジアムのピッチ上で授与され、各メディアでも大きく取り上げられます。英国で選手の会話をしていて、その選手に代表歴があるか定かでないときも、直訳すると「彼は帽子を持っているの?」である「Does he have a cap?」と聞きます。イングランドU-21や「イングランドC」という、プレミアリーグを頂点とするイングランドサッカーピラミッドの実質5部以下の「ノンリーグ」と呼ばれるチームに所属するセミプロの選手によって構成されるチームも年間を通じて、欧州各国の同クラスのチームと試合を行っており、国際試合に出場するとキャップ数という表記だけではなく、実際に帽子がもらうことができます。英国では、私たち日本人が思っている以上に代表=帽子です。サッカーだけではなく、クリケット、ラグビーでも代表選手として試合に出場すると実際に帽子が授与されます。

日本でもサッカーの日本代表選手の出場数をキャップ数で表すことがありますが、実際に帽子が授与されることはありません。ところが、サッカー同様、イングランド発祥のラグビーでは、その文化が日本でも受け継がれています。