きっかけは「金子塾」。本田圭佑を追い続ける木崎伸也は、いかにしてスポーツライターになったのか。

2016.11.24 竹中 玲央奈

 

img_4255

金子さんに『今回お前には世話になったから、願い事を叶えてやる』と言われて。そのときに、ドイツに行けと言われたんです。ドイツに行けばW杯4年後にあるから絶対仕事があるはずだと。

 

多くの人が憧れるスポーツ業界。その中でも特に人気なのが“スポーツライター”という職業ではないでしょうか。選手や監督など、現場を動かしている人にアプローチし、自分の言葉で情報を世の中に発信していく。スポーツの現場に密接に関わるこの仕事に憧れる方は多いことでしょう。

ただ、他の職種と同様に、”どうやったらスポーツライターになれるのか”という部分が不明瞭なことも事実。その道は人によって様々なのですが、今回はサッカー日本代表で中心を担う本田圭佑選手を長らく取材し、11月11日にその本田圭佑選手にせまった著書 ”直撃 本田圭佑”を上梓したスポーツライター・木崎伸也さんがどのようにしてこの職業に就いたのかを伺いました。

 

直撃 本田圭祐-cover2_ol

11月11日上梓した著書、「直撃 本田圭佑」

たまたま見つけた”金子塾”がこの世界の入り口に

僕はそもそもライターになるつもりは全然ありませんでした。中央大学理工学部・物理学科の大学院の博士課程にいた2000年の12月に、スポーツライターの金子達仁さんが主催する”金子塾”というものがスタートしたのですが、そこに入ったのがきっかけです。当時、ぴあのHPに金子さんがグリーンカードというコラムを連載しており、そのコラムの下に小さく「スポーツライター塾を始めます」という告知があって、希望者は書類を送ってくださいと書いてあったんです。その時、2002年W杯に何か関わっていたいという思いと、ミーハーな気持ちなのですが、試合が見られるんじゃないかという考えがあって、応募をしました。

 

016

大学院時代、パリの学会にて。

 

ただ、応募するからにはちゃんとやろうと思いました。そこで、自分なりに理系の視点でサッカーを語ったら面白いのではないかと考え、それを書いて願書を出したら受かったんです。筑波大学の浅川先生という流体力学でサッカーを研究している方がいるのですが、彼のサッカーと物理を合わせた研究の記事を読んだことが大きかったんです。

 後々聞くと、金子塾へは300通くらい応募があって、受かったのは15人ほど。実は選考基準として学生は一切入れないという方針があったみたいなんです。金子さんの中では金子塾にいろんな職業の人を集めて、スポーツのシンクタンクにしようという構想があったと。実際に金子塾にはお医者さんもいたし、テレビ局の人、漫画編集者、学校の先生などがいました。ただ、理系がいないということで、学生だった僕が入れたんです。

 ちなみに僕はサッカーを遊びでしかやっていませんでした。野球をやっていて中日ドラゴンズのファンだったのですが、高3でJリーグブームが始まり、そこからサッカーを見初めて、ドーハの悲劇があり、アトランタ五輪でのブラジル撃破があった。当時はそれを見ていて「こんなすごいことがあるんだ!」と思いましたね。

 ですが、Numberで金子さんの記事を読んだら、その裏側ではチーム内で分裂に近いようなことがあったと。それが“叫び”と“断層”というタイトルで掲載されていて、後に“28年目のハーフタイム”という形で本になったものですが、あれを読んで”スポーツの文章ってこんなに面白いんだな“と思ったんです。そこから金子さんのファンになり、大学の図書室でNumberを読み始め、先に話した募集ページにたどり着いたわけです。