日本からベルギー・シント=トロイデンへ。DMM流クラブ経営術!

2018.06.20 AZrena編集部

2017年11月、コンテンツ配信サービスなどを手がけるDMMグループが、サッカー・ベルギー1部リーグのSTVV経営権を取得したことを発表しました。

 

ベルギーリーグは近年、川島永嗣選手(現在はフランスリーグのメスに所属)や久保裕也選手(ヘント)など、日本人選手が数多く活躍しており、国内でも注目度が高くなっています。そんなリーグに日本の大手企業の参画が決まり、サッカー界を中心に大きな話題を呼びました。

 

多種多様なコンテンツに着手するDMMはなぜ、海外サッカークラブの経営を始めたのか。ヨーロッパでは発展途上といえるベルギーリーグの小さなクラブに、どのような変化をもたらしていくのか。

 

DMMの代表取締役、そしてSTVVの会長を務める村中悠介氏に、その真相を伺いました。

 

日本の良い部分をベルギーに持ち込みたい

「サッカーチームを海外で持つのはどうか」、というご提案をいただいたことが事業のきっかけです。具体的には、ベルギーやポルトガル、オーストリアのリーグから話がありました。これらのリーグは外国人枠がなく、日本人選手を含め、いろいろな国から選手を連れてこられるという共通のメリットがあります。そこから実際に具体的なチーム名も挙がってきて、最終的には3チームが候補にあった中で、STVVに決まりました。

 

チームの経済状況に関していえば、候補に挙がっていたどのクラブも決して良くはなかったです。それに、候補のチームを1つ1つ調べるとなると、財務状況を全部見なければならず、ものすごく大変な作業になってしまいます。ですので、経営状況と売却条件を検討した上で、収益化を見込めるチームに絞ったという経緯です。

 

とはいえ、ベルギーリーグについて知っていることといえば、(※)久保裕也選手がいることくらいでした。ただ、英語でコミュニケーションが取れるということと、オーナーのドゥシャトレ氏は元スタンダール・リエージュのオーナーなのですが、かつて所属していた小野裕二選手(現・サガン鳥栖)と川島永嗣選手(現・メス)を大絶賛していたんです。日本人は真面目に働くというイメージがあるようで、僕らに対しても真摯な対応をしてくれました。

※久保裕也・・・2013年に京都サンガF.C.からベルギー・ヤング・ボーイズへ移籍。2017年にはヘントにクラブ史上最高額で移籍し、現在はチームのエースストライカーとして活躍している。

 

実は日本でもかなり前にJリーグチームの経営に関する話がありましたが、そこまで具体的には進まなかったんです。スポンサーの話もいただいたものの、我々はIT企業なのでどうしても結果を重視してしまいますし、どれくらいのリターンがあるのかが測りづらい部分もありました。

 

今回は経営という話なので、自分たちでどこを目指して行くのかが分かりやすかった。まずはベルギーリーグでプレーオフ1という上のステージに行くことが目標で、その上にヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグがある。僕自身もサッカーが好きなので、いろいろな国の選手が獲れたり、若い才能が巣立って活躍してくれたりすることは、すごく魅力的に感じていました。

 

若手選手を獲得すると“還付金”が返ってくる!?

最近はベルギーから欧州の主要リーグへ若手選手が飛び立っていくことが多いですが、このリーグでは国籍問わず、25歳以下の選手を獲得するとクラブに(※)還付金が返ってくる制度があります。だからこそ、クラブとしても若手選手を積極的に獲得し、成長させて次のステージに送り出していくというところに力を入れているのだと思います。

※ベルギーリーグでは、25歳以下の選手の人件費が一定数を越えるとクラブに所得税が最大で8割返ってくる。

 

1月にはアピスパ福岡に所属していた冨安健洋選手を獲得しましたが、オランダで活躍している堂安律選手のように、日本も若い世代がどんどん海外に出ていかなければいけないと思います。

 

Jリーグのチームがどうやっているのかは想像の範囲でしかないですが、STVVはベルギーの小さな街のクラブで、経営はやや赤字です。現地で何試合か見ましたが、スタッフの人数が少ないので仕方ない部分はあるものの、どこかやりきれていない印象がありました。そう考えると、日本はクラブに関わる人たちの努力によって成り立っているんだと強く感じました。

 

Jリーグは開幕当初にドーンと盛り上がって、それから徐々に人気は薄れてしまったものの、なんとか持ち直して観客も増えていっていることを考えると、そこにはたくさんの方の努力と情熱があったんだと感じさせられます。日本の良い部分はベルギーにも持ち込まないといけないですし、まだまだやれることがある状況に置かれているからこそ、僕らには伸びしろしかないと感じています。

 

 

上位6チームと下位10チームには大きな差がある

今の課題は、クラブの全員を“本当のプロ”にすることです。例えば、1年契約だと選手や監督には「明日、俺は切られるかもしれない」というピリピリした感覚があるでしょう。ただ、前体制のコーチは前監督が連れてきたわけではなかったため、当事者意識が希薄な部分もあり、本当の意味でプロフェッショナルとして打ち込んでるかというと少し違った部分もありました。そういった面も含めて、スタッフ全員を本当のプロフェッショナルにすることが課題です。

※2018年5月23日、2018−2019シーズンの新監督とコーチの就任が発表された。

 

メンバーは基本的には買収前の体制と同じで、ベルギー人のスポーツダイレクターを加えたり、CEOに立石敬之さん(元FC東京GM)を入れたりと、ビジネス面のテコ入れは行いました。立石さんは知人の紹介で知り合ったのですが、良い意味で元サッカー選手な感じがしないというか。すごくビジネス的な観点でサッカーチームを見ていて驚きました。当時はサッカー界の人にあまり会ったことがなかったので、僕が抱いていたイメージを覆されましたね。

 

日本でクラブ経営に携わっているメンバーは、アルゼンチンでサッカー経験があったり、アルビレックス新潟シンガポールでインターン経験があったりと、サッカーにゆかりのある人が揃っています。国内ではスポンサー営業などを進めています。