クラブの社長とリーグの副理事長。2足のわらじを履く中で描くビジョンとは

2017.12.08 AZrena編集部

Bリーグ・千葉ジェッツふなばしを率いる島田慎二氏の起こした“改革”と、彼が考えるリーグとクラブのあるべき未来とは?

前編では島田氏が来る前と後でジェッツの内部がどのように変わったのか、そして組織を変えていくためのアプローチについて語って頂いた。後編である今回は、前編に引き続きクラブ変革について、そして島田社長が持つもう1つの肩書である“Bリーグ副理事長”という立場に立った経緯と、見据える先について語って頂いた。

スポーツ界を”勝ち組”にする

-クラブの変革に着手するにあたって最も重要視していたことはどういう点でしょうか。
1番はスタッフのマインドセットですね。今にも潰れそうで火の車という状況でしたし、社員も『やめた方が良いかな』と思ったり『今月給料出るのかな…』と不安になりながら仕事をしている状態でした。そんな中で私が「俺が来たから大丈夫だ」と言っても、社員からしたら何者なのかもわからない人に託すのも難しい。だから、何もないからこそ理念を作り、絶対明確な方針を持って再建しようと伝えました。

「スポーツ界なんか儲からない、みたいな発想はダメだ。儲からないと思ってるから儲からないんだ。負け組と思ってるから負け組なんであって、俺がそれを勝ち組にしてやる!」ということを言っていました。そのマインドセットですよね。

その中で結果が目に見えるのは決算というタイミング。そこに向けて目標を立て、少しでも良ければボーナスを出すと。こうやって約束したことを2年くらい守ると、部下たちも信じてくれるようになるんです。要は経営者として、言っていることをちゃんと実現するということが大事なんですよね。社員との信頼関係無くしてマインドセットは起こりません。ただ、1年だけではまだ疑いは晴れないと思います。2年ぐらいやるとマインドが変わるんです。『この人に付いて行ったらやれる』『この人なら本当にやってしまうかも』と。そう信じてもらえるために、2年間、有言実行を続けてきました。そこから私を信用してくれるようになったので、進もうとしたときにベクトルが揃い、パワーが出るんです。

バスケ界で突き抜けても、大したことはない

-変革していく中で行った取り組みの1つに就業時間の徹底もあったと。
まだNO残業にできているわけではないですが、それを達成したり、本当に他のスポーツチームで働いてる人より高い給料にしたいです。
ジェッツのバスケを見てたら本当に元気が出るとファンに言わしめたい。アリーナエンターテイメントはここまでやるんだ、と思わせるくらい圧倒的なものを見せたいと思っています。バスケ界で1番人が入っていて、売り上げが1番高くて、勢いが1番ある、みたいなことは既に周囲から思われていると感じます。ただ、それらは大したことではないんです。もっと質を高めていかないと、この先もエンターテイメント産業で勝っていけない。これからはその先を追求するというプロセスで、売り上げももう1回上がっていくと思うんです。これまでは数字をガンガン追ってきた6年でしたけど、今年は質を大事にしていきたいなと考えています。

スポーツそのものの市場価値を高めていくためには人材の流動性といいますか、他の業種で成功を収めた人がこのスポーツ業界に入っていくことが重要だと感じます。それについてはいかがでしょうか。
大歓迎ですよね。AクラブからBクラブに行ったり、野球やサッカーのクラブに行くのも良いかもしれないです。そして、別の業界からもどんどん人材が流入してきて欲しいですね。私としてはそうなって欲しいと心底思っていますし、スポーツ産業全体の経営の質が上がって行ってほしいと願っています。。全体の経営の質が上がって、各地域で地場産業が盛り上がり、収益もあがって、その価値を束ねるリーグがスポンサーを増やして再投資して配分したり…という好循環を生み出したいなと。