「神様」ジーコの元通訳が振り返る、スポーツにおける語学の重要性

2017.01.10 竹中 玲央奈

 

dsc_0643_new

 

スポーツは世界共通の"言語"と言われることがあります。ですが、英語やフランス語などいわゆる本当の"語学"に触れることでスポーツへの関わり方や楽しみ方、知られる知識の幅が広がることは言うまでもありません。そして、それが人生を豊かにすることもまた、間違いないと言えるでしょう。

今回から”スポーツ×語学"をテーマに、その関連性や語学を学んだことでスポーツ人生においてどういったプラス面が得られたか、などを様々な方に語って頂きます。第1回目はサッカー日本代表の監督も務めたジーコ氏の通訳を長らく務めた鈴木國弘さんです。

 

大使館と語学学校でのアルバイトでポルトガル語を覚える

私が最初にブラジルへ行ったのは19歳の時だから、もう41年前です。18歳で高校を卒業して1年間アルバイトをして資金を貯めて、むこうに1年間ほどいました。

中学でサッカーをやっていたのですが、ちょうどその頃ブラジルが1970年メキシコ大会で3度目の優勝をして、ジュール・リメ杯(初代W杯トロフィー)がブラジルに永久保存されたんです。あの影響ももちろんあったと思います。「これからブラジルが来るんじゃないか」と。

行く先としてアメリカも迷ったのだけど、当時アメリカはあまりサッカーをやっていなかったみたいだったから、じゃあブラジルだなと。当時はネットも携帯もない、設置電話や公衆電話のみの世界で、今ほど情報がないじゃないですか。そんな状況下、サッカーで生きていこうと思っていて、今でもそれが続いている状況です。ブラジルに行った先のことは何も考えていませんでした。

ポルトガル語の学習については、日中はブラジル大使館でアルバイトをしていました。語学学校に行くお金もなかったので、タダで言葉を覚えられて小遣いをもらえるのはありがたいなと(笑)

それを終えると今度は唯一都内にあったポルトガル語の語学スクールで3時間ほどアルバイトをしに行きます。ここは(※)与那城ジョージさんがいて、彼に勧められたんです。そして夜中は四谷のブラジリアンバーでバーテンダーをやって、平均睡眠時間3〜4時間で、翌日またブラジル大使館に朝から行って…と。そんなことをずっと1年間やっていたらお金も溜まったし、ある程度言葉も覚えたりして、一挙両得でした。

ちなみに大使館のバイトは、バーで働いていた時に『19(歳)でこんなところで働いていたらダメだ』とお客さんで来ていた大使館職員の人に言われ、「ポルトガル語が習いたいんです」と話したら、じゃあ『うちでバイトしたら』と声をかけてもらえたので、その翌日から行くようになりました。

バーで働いたことは大きかったんですね。うろ覚えですがおそらくラモスともそこで知り合った。それで試合を見に行くようになって、そこに与那城さんたちもいて…と。ラモスと出会い、そのつてでブラジルに行けたんですよ。

当時はラモス(瑠偉)が日本に来て1年目か2年目だったのですが、友だちになったことでブラジルの家を紹介してもらえました。彼もリオデジャネイロ出身だったから、その影響で僕もずっとリオにいました。当時は橋渡ししてくれる人も少なかったし、ラモスのおかげでブラジルに行けたみたいなところはあります。

彼は当時、日本語がほとんどできなくて、僕もまたポルトガル語ができませんでした。でも当時は自由で読売クラブの人が僕らの草サッカーに平気で出てくれたりしていたんです。そんなこともあって「俺の家にいれば?」と誘ってくれたんです。ラッキーでした。

※与那城ジョージ:元サッカー選手。指導者。当時日本サッカーリーグ2部だった読売サッカークラブを1部に導き、強豪クラブへ押し上げた“ミスター読売”。

 

今なら豊富な参考書が、当時はなかった

ポルトガル語のテキストは当時、ほとんどなかったですね。だからもう耳で覚えるしかない。個人レッスンで学ぶとものすごく高くつくから、そんなことは考えもしなかった。1、2回座学を受けたことはあるんですが、それも金額が高くて続かなかったですね。

ただ、なぜか最初からポルトガル語の音は出せたんです。そこは先生も不思議がっていて、『文法も知らないのになぜ発音ができるんだ』と。そのあたりは耳で聞いている量が多いからというのはあったんでしょうね。

バーで働いているときは弾き語りをしているブラジル人の言葉をなんとなく最初は耳で聞いていました。向こうは日本語が少しできたので、今度は繰り返し聞こえる言葉の意味を質問してみるようになって、そこからは単語の羅列みたいな形で会話をしていました。

ブラジル大使館の人たちもすごく丁寧に教えてくれたんです。当時は10代でポルトガル語を習いたいという人なんてまずいなかった。そういう意味では希少価値が高かったんでしょうね。今だとブラジル大使館に務めるのはなかなか難しいでしょう。当時だからこそできたことですよね。1日ポルトガル語漬けの良い環境でした。1日で日本人よりもブラジル人と接している数の方が多かったですしね。