サッカー・米代表も導入。女子アスリートの悩みをアプリで解決

2019.09.20 AZrena編集部

2019年7月、女子サッカーW杯でアメリカ代表が2連覇を果たした。その優勝の一因となったのは、選手の月経周期に基づく緻密なパフォーマンス管理だ。アプリで集計したデータを活用することで、パフォーマンスの低下を防ぐことに成功した。

BioWink GmbHが開発する健康管理アプリ「Clue」は、健康状態やトレーニングに関するデータをまとめて記録し、睡眠や月経周期と連動が可能になっている。指導者はそのデータをもとに、トレーニングの内容や負荷を調整することができる。

また、Orreccoが開発するアプリ「FitrWoman」は、月経周期の各ステージで感じた症状やトレーニング内容を記録することで、個々の状態に合った栄養や生理学に関するサポートを受けることができる。

スポーツの世界は、わずかな差で勝敗が分かれることがあるため、月経による影響は最小限に抑えておきたいところだ。女子アスリートの誰もが直面する課題を、ITの力が解決しようとしている。