杉本梨沙(スカッシュ)。やると決めたらやる、現役女子大生の素顔

2015.05.11 AZrena編集部

杉本梨沙

 

今回はスカッシュ・杉本梨沙選手にお話を伺います。杉本選手は6歳からスカッシュを始め、現在は順天堂大学に在学しており、一昨年の全日本選手権で3位、昨年の全日本学生選手権では優勝するなどご活躍されています。

 

家族の影響で6歳から始めたスカッシュ

 

-まず、ご実家がスカッシュコートを運営されているとお聞きしました。作られるまでにどういった経緯があったのでしょうか。

近くのスポーツジムにスカッシュコートがあって、6歳からそこに通っていたのですが無くなってしまったんです。それで自宅にコートを作ることになりました。

 

-なるほど。ご両親が運営されているのですか。

父は行政書士で、スカッシュコートはその事務所に隣接されています。ちなみに父は薬剤師の資格も持っているようです。最近はその実家のコートでのお試しスカッシュが流行っているそうです(笑)

 

-6歳からスカッシュを始められたとのことですが、他にも何かスポーツをやったりはしていましたか。

休み時間などに遊びで他のスポーツをやることはありましたが、本格的にやったのはスカッシュだけですね。

 

杉本梨沙

 

-最近はスカッシュという競技の知名度も少しずつ上がってきていると思いますが、当時はまだ知らない人が多かったと思います。始めたきっかけは何だったのでしょうか。

元々母が私より2週間ほど早く始めていました。それで私も家の近くにあったスカッシュコートが2面あるスポーツジムのジュニアのスクールに通い始めたのがきっかけです。凄く面白かったので、そこからはずっとスカッシュ一筋です。

 

-小さい頃から大会にも出場されていたのですか。

年2回あるジュニアの大会には必ず出ていましたし、大人の大会に出場することもありました。ちなみに今のジュニアの大会はU9からU19の部まであり19才以下なら各カテゴリー誰でも出場できます。

 

-スカッシュをやっていて嬉しかったことを教えてください。

試合に勝って周りの人が喜んでくれる時は嬉しいです。その中でも特に嬉しかったのは一昨年の全日本選手権で表彰台に上った時です。

 

日本人選手がどれだけ世界で戦えるかが重要

 

-今の杉本さんの目標を教えてください。

まずは全日本選手権で決勝までは行きたいです。今までの最高は3位だったので、そこを突破したいです。1つずつステップアップしていきたいと思います。

ただ1位の方はすごくうまくて、敵いそうにないですし、2位の方もベテランで上手な人です。

 

-杉本さんのプレーでのアピールポイントを教えてください。

ハードヒッターなので、打つ球が速いことです。是非、打感(音)を聞きにきてください!

 

-杉本さんはどういった試合展開になることが多いですか。

私はスロースターターなので、試合が始まってからも1ゲーム目の5~7点目くらいまではすごく動きが悪いです(笑)そのまま連続で取られて1ゲーム目を落としてしまうこともあります。

杉本梨沙

 

-どのような人がスカッシュに向いていますか。

瞬発力も大切だとは思いますが、スカッシュは「立体ビリヤード」と呼ばれるくらい考えるスポーツなので常に先を読める力がある人、あるいは理系の人が向いているのかもしれません。

 

-スカッシュはかなりの持久力も必要に見えます。

スポーツの中でもトップレベルに体力を消耗する競技だと思います。たぶんテニスより疲れると思います。

11ポイント先取の5ゲームで、その間は休憩がほとんどありません。ゲーム間は1分30秒しか休憩がないんです。3ゲームで終わればいいのですが、5ゲームまでもつれると相当疲れます。

 

-スカッシュにもプロはいるのでしょうか。

私はまだ学生なので違いますが、上のレベルの選手はプロの人もいます。

 

-スカッシュで使う道具はどうされているのですか。

支給されています。テニスと同じようにウィルソン、プリンスなどいろいろあります。私は今ウィルソンのラケットを使っています。

 

-世界的に見て、強い国はどこですか。

私のイメージだとエジプトが強いです。女子の世界チャンピオンはマレーシア人ですが、エジプトは団体戦で優勝をしていたりします。あとはスカッシュ発祥の国、イギリスも強いです。

 

-テニスと同様にダブルスはあるのでしょうか。

日本にはスカッシュのダブルスができるコートがありません。シングルスのコートでダブルスを遊びでやっている人はいますが、私はやったことがないです。

 

-スカッシュがオリンピック種目になるために必要なことは何だと思いますか。

東京オリンピックの時に種目に入るということはメダルの可能性を見られていると思います。なので今スカッシュでトップレベルの日本人選手がどれだけ世界で戦えるかが重要だと考えています。

 

杉本梨沙

 

-ここからは杉本さんご自身についてお伺いしていきます。まずご趣味を教えてください。

最近は料理をしています。料理というより食べ物をキレイに盛る、ですかね(笑)あとは先輩、後輩達と集まって鍋パーティーをするのも好きです。

 

-滋賀から東京の方に出て来られたわけですが、こちらでの生活はいかがですか。

本当に驚くことが多いです。街がオシャレです。

 

-好きな友達のタイプを教えてください。

少人数行動派の人がいいです。あまり大人数は得意ではないので、2~3人くらいがちょうどいいと思います。今までずっと個人競技だったので、団体行動が苦手です。

 

-ご自身で思う、自分のいいところを教えてください。

妥協しないところです。何かやると決めたらやります。

 

-最後に読者にメッセージをお願いします。

まずこれからスカッシュのいい部分として、天候に左右されず、日焼けをしないでプレーができるということを伝えています。あとは運動量が多くてダイエットになります。男女問わず楽しめるスポーツなので、ぜひ一度やってみてください!