スポーツテック企業が900万ドルの資金調達。業界の追い風となるか

2020.03.23 AZrena編集部

ランナー

イギリスのスポーツテック企業「NURVV」が、ベンチャーキャピタル「Hiro Capital」から900万ドルの資金を調達したことが、2020年2月に発表された。「Hiro Capital」はヨーロッパの有名ファンドで、ゲームやeスポーツ、デジタルスポーツなどの領域に投資をしている。今回がVCとして4件目の投資案件であり、スポーツの案件は初となる。

 

NURVVのメインプロダクトである「NURVV RUN」は、スマートインソールだ。12個のセンサーを埋め込み、生体認証に基づきユーザーのトレーニングを計測。正しいフォームを指導することによって、パフォーマンスの向上やオーバーワークの防止に役立つ。

 

同社はランナーに寄り添うスポーツテック企業で、新たな資金をもとに、2025年までに1,000万人のランナーのサポートを目指す。

NURVVが成功を収めれば、スポーツテック業界の追い風となるだろう。日本でもスポーツテック企業への投資が加速してほしいところだ。