「OPT」の第一弾商品、吸水型ボクサーパンツを開発。Rebolt inc下山田志帆が目指す、誰もがわがままであれる社会とは

2022.02.24 AZrena編集部


<トップ写真:©︎スフィーダ世田谷FC>

本企画はスポーツの力を活用して社会貢献活動を推進する日本財団のプロジェクト「HEROs」と共同で実施している特集企画です。

HEROsではアスリートや非営利団体に対して活動支援(資金提供)も行っています。詳細はHEROsのHPで!

 

なでしこリーグ2部「スフィーダ世田谷」に所属する現役女子サッカー選手兼、株式会社Rebolt(レボルト)共同代表者の下山田志帆さん。2019年に自身が性的マイノリティ(LGBTQ)であることを公表して以降、「アスリートとジェンダー」「スポーツとLGBTQ」などをテーマに発信を続けてきました。

元女子サッカー選手の内山穂南さんと共に創業した、社会課題を解決することを目指すRebolt の第一弾の活動となったのが、第一弾商品として吸水型ボクサーパンツを販売するノーノーマルブランド「OPT」の立ち上げです。

「誰かにとっての選択肢を増やす」プロダクト開発に至った経緯や、アスリートだからこそぶつかったビジネスの壁など、社会課題解決のための活動を続ける下山田さんの想いを伺いました。

「OPT」が受け入れられたのは、シンプルに“かっこいい”から

「OPT」という吸収型ボクサーパンツを開発した理由は、立ち上げメンバーである私と内山が“生理中もかっこいいパンツが履きたかったから”という一言に尽きます。

日本に「生理時に履くことのできる吸収型パンツ」が登場したのは、2019年のこと。ナプキンやタンポンを使用しなくて済む=機能的不便さを解消する救世主のような製品の登場に、ものすごく衝撃を受けたのを覚えています。

ただ、基本的に吸収型パンツは、デザインが明らかに「女性向け」の者が多いですよね。それが、「女性はこうあるべき」と言われているみたいで、すごく違和感がありました。私は自認する性が女性ではないからこそ、生理の時は自分が女性であることを強く自覚させられるんです。そこでさらに「女性らしさ」に溢れたパンツを履くことで、普段できている自己表現すらしにくくなるような気分になっていました。

ただでさえベストコンディションでいることが難しい生理中に、テンションの上がる吸水パンツがほしい!ないなら、作りたい!でも、メンズボクサーパンツ型の製品に需要はあるのか?誰が必要としているのか?私たちも根拠が示せないなか、私たちの提案にはどのブランドも企業も及び腰でした。「それなら、自分たちだけで作ればいいじゃん」と、走り出したのが「OPT」開発のきっかけです。



<写真:本人提供>

 

続き&全文はコチラから