語学は武器。日本語が導いたザック・バランスキーとバスケの出会い

2018.04.27 小田 菜南子

 

「スポーツは国境を超える」――。誰もが認める、このスポーツが持つ“力”に疑問を投げかけるのは、野暮というものかもしれません。しかし、国内リーグであっても外国人監督や選手の存在が当たり前になった今、コミュニケーションツールとしての“語学”の重要性を見過ごすことはできない時代になっているのではないでしょうか。

 

“スポーツ×語学”をテーマに、その関連性や語学を学んだことでスポーツ人生においてどういったプラス面が得られたか、などを様々な方に語っていただくこの特集。今回、お話を伺うのは、Bリーグに所属するアルバルク東京で活躍するザック・バランスキー選手。日本で生まれ育ったアメリカ国籍の彼が考える外国語との向き合い方、そしてバイリンガルプレーヤーであることのメリットとは?

 

日本語との出会いが、世界を広げてくれた

周りが宇宙人に見えた小学生時代

ゴルフ場の設計士だった父の仕事の関係で、生まれてから2歳までは栃木に、その後山梨に引っ越しました。それから一度アメリカに住んだこともあるのですが、10歳からはずっと日本で生活しています。

 

両親ともにアメリカ人なので、日本にいても家族の会話は英語オンリー。小学5年生の時にミシシッピ州から日本の小学校に転入したときは、授業が何にもわからず、苦労しました。

 

黒板の文字を見て、宇宙人の言葉なんじゃないかと思ったくらい(笑)。学校に外国人の生徒は僕だけで、英語が話せる先生もいなかったと思います。周りの友達は、興味を持ってくれて話しかけてくれるんですけど、どう返したらいいかわからないから結局ぎこちなく会話が終わってしまって、そこにもどかしさも感じていました。

 

そんなときに校長先生がマンツーマンで授業をしてくれて、小学1年生のひらがなや漢字のドリルから日本語を覚えていきました。最初は混乱することばかりでしたね。

 

漢字・ひらがな・カタカナの3つも文字があったり、同じ読み方なのに意味が違う言葉がたくさんあったり。「どう違うの?」って聞いても、なかなか理解できなかったです。毎日そうして校長室で日本語を勉強していたので、教室でみんなと一緒に授業を受けることはほとんどなかったかなと。

 

友達と話すのは音楽と体育の授業、あと給食の時間くらい。でも「おいしい」は親指を立てて「good!」と言えばわかってもらえましたし、徐々に会話が増えていって友達もできました。日本語の先生をつけるということはせずに、授業と友達同士の会話から日本語を吸収していきました。

 

日本史では答えが合っていても◯をもらえなかった

日本語は難しかったけど嫌ではなかったです。中学・高校と勉強のレベルが上がるにつれ、科目ごとの得意不得意はありましたけど、基本的に語学自体への興味はずっと強かったですね。

 

特に「音」に興味を持つようになって、漢字の読み方とか言葉のイントネーションをすごくおもしろいと感じるようになったんです。よく国語の授業で文章の音読がありましたが、他の人が読む音を聞いて自分の教科書にふりがなを振っていくのが結構楽しくて。友達同士の会話でも、よく発音の真似をしていました。

 

まあそれでも漢字とかはやはり苦手だったので、日本史のテストでは人名をカタカナで書いていました。読み方が合っていれば△はもらえるので。そんな“裏技”を使いながらも、結構真面目に授業を受けていましたよ。一番得意だったのは数学。もちろん英語も。教科書で、外国人と日本人の会話文とかあるじゃないですか。絶対にどちらか片方をやらされましたね。「じゃあザックがMark役ね」って(笑)

 

 

(ちなみにここで、外国人には超難問と言われている「3月1日は日曜日で祝日、晴れの日でした」という文章を読んでもらいました。“日”の読み方がすべて異なるので、日本語を勉強する人にとっては正しく読むのがとても難しいそうなのですが、ザック選手はすらすらと読んでいました。)

 

語学がもたらした多くの出会い

多分語学への興味の根本は、「同じ人間なのにどうして違う言葉を話しているんだろう」という子供の頃に感じた疑問だと思います。生まれた時から、家で親や兄弟と話す言葉と、外の世界で使われている言葉が違うという環境だったからか、僕の中で今でもそれは大きなテーマなんです。

 

日本語を習得したあとも、大学でスペイン語を勉強したこともありますし、言語学の授業も取っていました。その疑問に対する答えは自分の中ではまだ見つかっていないし、テーマが壮大すぎて、見つかるものではないのかもしれない。だけど一つ実感しているのは、言語の壁を越えた先にある「交流」が自分の世界を広げてくれるということです。

 

子供の頃、思うように自分を表現できなくてもふてくされずに日本語を勉強し続けられたのは、わかる言葉が増えると会話が増える、交流が増える、ということが面白かったんじゃないかと思います。

 

実はバスケを始めたきっかけも、友達に誘われたからなんです。

 

小学6年生の頃に長野へ転校したのですが、そこで出会った友達です。当時、まだ日本語は片言でしたけど、友達との会話には困らなくなっていました。僕が今バスケ選手になっているのは彼のおかげと言えます。バスケ用語は英単語が多いので、「パス」とか「ラン」とか簡単な言葉を使いながらコミュニケーションが取れたのも大きかったんじゃないかな。

 

最初はバスケが好きという以上に、そこで友達ができて、いろんな話ができるのが楽しくて続けていました。だからもし日本語を話せないままだったら、今ここにいないかもしれない。話せる言葉が増えることで世界は広がっていくというのを、当時から無意識のうちに感じていた気がします。