山本 一誠

負けて強くなった男。あえて遠回りを選んだ商社マンボクサー、木村悠の軌跡

“商社マンボクサー“。彼が一躍脚光を浴びるキッカケとなったニックネームだ。大学1年目で日本一を勝ち取った気鋭のボクサーであったにも関わらず、彼のキャリアは遠回りの連続だった。商社で働きながらプロボクサーを続け、世界チャンピオンを掴み取った苦労人を支えていたのは、ストイックという言葉には収まらないほどの徹底した自己管理に他ならない。負けるたびに強くなる。そう感じさせる苦労人のキャリアと、その先に彼が描くセカンドキャリアとは。

 

弱かった少年を変えたボクシングとの出会い

まず、木村さんがボクシングを始めた経緯を教えてください。

実はケンカに負けたのがきっかけなんです。中学の時はサッカー部で、あるとき僕がサッカー部のキャプテンを務めることになったのですが、団結力がなくてまとめようと思っても、なかなかうまくいかなかったんです。そこである時、チームメイトに「ちゃんとやれよ!」というように怒ったら、相手も怒って『タイマンだ!』みたいな感じになって。急に殴りかかってきて、そのとき自分は何もできなくて、やられるままでした。その時に強くなりたいなと思ったんです。

 

そこで出会ったのがボクシングでした。これだったら自分を変えられるかもしれないと思ったんです。最初はケンカに勝ちたい、やられた奴にやり返したいと思っていたんですけど、途中からそういうのも忘れました。本当にボクシングが楽しい、強くなりたいという思いでのめりこんでいきましたね。

 

高校もボクシング部のあるところを探して行って、そこである程度実績を残したので、推薦で法政大学のボクシング部に入りました。

 

法政大学に進学して1年次に全日本ライトフライ級優勝を果たしました。

本来なら高校の時に一番になりたかったんですけど、あと一歩のところでなれませんでした。なので大学に行ったらまず絶対日本一になりたいと思っていて、1年次に成し遂げることができました。

 

五輪を目指して居た中でそれが叶わなかったと聞きましたが、大学ボクシングの年代で一つ目指すところではあるのでしょうか。

五輪に出るのはハードルが高かったですが、全国で一番になったら五輪を目指すというのは、みんな目標に置いていました。トップ選手で全日本チームが組まれて、合宿をやって、五輪に向けて国内予選から海外予選まで試合を重ねて、本当に一部が五輪に出られる、というものです。

 

いつごろ、五輪を断念したのでしょうか。

大学2年から3年ですね。ずっと自分の学年にライバルがいて、大学1年で優勝した時はその選手に勝ったんですけど、2年の国内の代表選手選考会で負けてしまい代表になれず、五輪に出られなくなりました。

内山(高志)選手や八重樫(東)選手、いま世界チャンピオンになっている選手はみんな同期なんですけど、そういった選手も五輪には出られず、自分に勝った五十嵐(俊幸)選手だけが出場しましたが、彼も一回戦で負けちゃったんですよ。それくらい僕らにとって五輪はハードルが高いというか、壁があったんです。

 

ちなみに、大学生からプロになるまでの過程はどのような流れなのですか?

プロになるには所属ジムに入る必要があるんですけど、自分の場合は大学時代から帝拳ジムに通っていたので、そこで半年くらい準備をしてからテストを受けて、プロデビューという形ですね。

 

プロになって生活はガラッと変わるものなのでしょうか。

実際プロだけで生活できている選手はほぼいないので、みんなアルバイトをしながら、合間を縫って練習しています。最初は昔ボクシングを始めたスポーツジムでアルバイトしながら、ジムに通うような生活でした。

 

“サラリーマン”と“ボクサー”という二足のわらじ

 

商社へ勤めるまでの経緯を教えてください。

アマチュアでは結果を残していたので期待されてプロになったんですけど、だんだん試合でも苦戦するようになって、途中で負けたんです。ジムが期待するのは、無敗でほとんどKOして日本チャンピオンになること。そこから世界チャンピオンになれるかなれないか、という基準で見ているのに、その前の前の段階で負けてしまった訳です。『甘いぞ』と忠告されましたね。

試合が終わって負けた後、一回自分探しにインドに行ったりして…。結局もう一回プロでやるとしたら、何かを変えないといけないと思ったんですよね。

 

その時に、たまたま大学時代の友人が集まった飲み会があったんですけど、だいたい卒業して2年、3年くらい経った時に同期の連中に会うと、みんな社会に出ることですごく成長しているんです。社会に揉まれて、プロ意識を持って働いている。それを目の当たりにして、自分もそういう環境に行けば内面が変わるんじゃないかと思ったんです。そして、会社員になろうと思いました。