観戦で、フェスで役立つ!異国情緒漂うチャイハネのアイテムと出かけよう

2017.06.09 森 大樹

今週末の6月10日(土)、11日(日)に行われる「DUARIG Fリーグ2017/2018」開幕戦に合わせて、アウトドアやスポーツなどのアクティビティを体験できるイベント「ソトアソビフェスタ」が代々木公園で開催される。フットサルだけではなく、他のジャンルからもブースが出展され、誰でも楽しめるイベントだ。その会場で体験型のワークショップを開催する予定なのが、アジアを中心とした雑貨を扱う店・チャイハネだ。

これから本格的な夏に向かって、外で楽しむようなスポーツ観戦や夏フェスなどのアクティビティも増えていくだろう。そんなシーンで役立つ見た目に涼しげで、実用的なアイテムをチャイハネでは取り扱っている。

今回はチャイハネなど世界各国のファッション、雑貨を取り扱う店舗を運営する株式会社アミナコレクションの内田啓正氏にお店のコンセプト、今回のワークショップの内容について伺った。

内田啓正氏

世界各地の文化を扱う店を運営

チャイハネではエスニックファッション、雑貨などを中心に取り扱っています。創業者はもともと民俗学に造詣が深い人で、世界の各地域に存在している伝統芸能や文化を集めた場所としてチャイハネをスタートさせています。

同時に日本人として、日本の文化についてもやっていくべきだろうということで「倭物やカヤ」を、さらに深い日本の心というものに迫る神社を再現した「岩座(いわくら)」といった店を運営しています。

そして日本人が大好きなもの、というところから派生して、ハワイの雑貨などを取り扱う「Kahiko」を運営しています。ハワイは日本と似ている部分もあって、日本人も多く移り住んでいるんです。皆さんが知っているところだけでなく、ハワイのもっと奥深いところも含めて伝えられるように、という部分を意識して展開しています。

弊社は他社と比べても本当に商品数が多いので、誰にでもおすすめできるものが揃っていると思います。特定の誰かのための商品を作っているというよりは、例えば普段エスニックに興味がない人でも少しカラフルなそういったものを持ってもらって、ちょっとしたアクセントにしてもらえればなと。

弊社で販売している商品は海外から持ってきていると思われがちなのですが、実は9割がオリジナル制作。日本でデザインして、世界各国の工房で作ってもらっているのですが、海外のものを日本で使ってもらいやすいような形にして、皆さんに提供しています。

1年を春・夏、夏、秋・冬という形で3期に分けて新作を発売しているので、その分デザインする数も多く、社内にはデザイナーが30人います。

また、チャイハネのような直営のお店以外の全国の小売店でも商品を取り扱ってもらっているので、シーズンが変わる時には展示会も行っています。

特に夏に合った商品が多いので、これからの季節に使えるアイテムは揃っているのかな、と。実際夏フェスとかに行ってもうちの商品を着ている人は多いです。

これからの季節におすすめなのはレインポンチョですね。梅雨に入って、例えばスポーツ観戦に行った際に急に雨が降ってきた時に役に立つと思います。

レインポンチョ

ファンづくりのためのキャンプイベントも開催

他には自社で「C-CAMP」というキャンプイベントを開催しています。年に2回、春と秋に1泊と日帰りのコースを設けて行っており、私が運営の担当をしております。

先月も開催したのですが、400人以上の方にご参加いただきました。

目的としてはお客様と密なコミュニケーションを取って、今後チャイハネに足を運んでいただくためのファンづくりをしたいというのがあります。チャイハネにある商品というのは外遊びやフェスといったシーンに関連する商品も多いので、それをキャンプという形で触れていただけたらと思っています。

キャンプでは1日中何かしらのイベントをやっていて、自由に参加することができ、体験型のワークショップもたくさん行われます。

ただ、今まで100〜200人規模だったのを今回から一気に参加人数を増やしたので、これからさらに拡大して、フェスのような形にしていくかは考えどころです。スタッフの数から考えて、今まではある程度お客様と直接会話する機会を作れていたと思うのですが、これ以上に大きな規模になるとそれが難しくなってくるかもしれないので…。最初から来てくださっている方に少し距離を感じさせてしまうこともあると考えられますし、従来のイベントの目的であるファンづくりと多くのお客様との接点づくりとのバランスを考えていく必要がありそうです。

C-CAMP

虹色に輝く、サンキャッチャーをつくろう!

もともとゼビオさん、L-breathさんに商品を取り扱ってもらっており、そこのつながりから今回のイベントのお誘いをいただいたところがきっかけです。

お客様との接点作りをお店での接客とはまた違った形で行うことによって、より密な関係づくりをやりたいという思いから、今までも様々なところでワークショップをやってきました。

いつもなら物販も合わせて行っているのですが、6月10日、11日はそれはなしで、弊社が持っている大きな遊び用のトランポリンと体験型のワークショップという形でブースを出すことになっています。

当日はサンキャッチャーをつくるワークショップを開催する予定です。アメリカだとレインボーメーカーと呼ばれたりするのですが、先端にプリズムが付いているアクセサリーで、それを窓際に飾ると差し込む陽の光が部屋の中に虹色になって散らばるようになっています。自分で紐にビーズなども一緒に取り付けて楽しく、世界にひとつのオリジナルサンキャッチャーが作れるので、ぜひブースに足を運んでいただければと思います。

内田啓正氏

 

6月10日(土)、11日(日)に開催される「DUARIG Fリーグ2017/2018」開幕戦に合わせ、会場周辺では「ソトアソビフェスタ」と題したワークショップや体験、食などが楽しめるイベントが行われます!詳細はこちら

ソトアソビフェスタ

r