勤め先はレアル・マドリード。特別なクラブへの切符を掴んだ日本人がいた。

2017.10.19 山本 一誠


「履歴書も全部スペイン語で書いて、電話番号をでかでかと書きました。レアル・マドリードがCLで優勝した次の日、朝8時くらいに会社に行って警備の人に開けてもらって、オフィスのほぼ全員の机に資料と履歴書をファイリングしたものを置きました。」(酒井浩之)

NPO法人スポーツ業界おしごとラボ(通称・すごラボ)の理事長・小村大樹氏をホスト役として行われている「すごトーク」。今回のゲストは酒井浩之氏です。酒井氏は2015年にレアル・マドリード・スポーツマネジメントMBAコースに日本人として初めて合格。その後インターンシップを経て、ニューメディアビジネス コミュニティ・マネージャーとしてクラブ史上初の日本人職員になった経歴をお持ちです。

今回は酒井さんから、レアル・マドリードに入団するまでの経緯や裏話、そこで得た知見などをお話いただきました。

経営とサッカーの両立。人材育成に表れるレアル・マドリードのメソッド。

僕は2003年に日本大学法学部を卒業し、広告代理店やスポーツメーカーなどで働いていました。しかし転機が訪れ、レアル・マドリードの大学院に飛び込むことになりました。レアル・マドリードの大学院(MBAコース)は狭き門なので、入学できたのは幸運としか言いようがありません。僕は10期生にあたるのですが、今まで日本人の留学生はいなかったそうです。そういったことや僕の過去の職歴なども見られて、入学させてくれたのかなと思います。とにかく、僕としては試験を受けてみたら受かってしまった。これは行くしかないだろうと思いました。

そもそも、なぜレアル・マドリードはMBAコースを学生に提供しているのでしょうか。日本で大学院を持っているクラブや球団はありません。まずはその点についてお話します。

実は、レアル・マドリードは財政難だった時代があります。フロレンティーノ・ペレス会長が就任し、フィーゴがバルセロナから加入して“銀河系軍団”と呼ばれるようになったのが2000年頃。しかし、そういった輝かしい時代を迎える以前は、レアル・マドリードも経営が大きく傾いていたんです。

そこから、経営とサッカー、両方の知識をバランスよく兼ね備えた人材を育てなければ、同じことを繰り返さないようにということで2006年にレアル・マドリードの大学院ができたんです。

では次に、そのMBAコースで僕がどんなことを学んできたかをお話します。

まずレアル・マドリードが考えたのは、“試合がなくても売り上げを生むにはどうしたらいいのか“ということです。去年の試合数は、リーガでのホームゲームが19試合、国王杯は3回戦で負けてしまったので3試合しかありませんでした。チャンピオンズリーグで、ホームのサンティアゴ・ベルナベウで開催されたのは6試合で、チャリティーマッチがシーズン後に1試合。それからレアル・マドリードのアンセムを歌っている世界的なテノール歌手プラシド・ドミンゴ氏のイベントが1回ありました。これらを全部足すと30日。1年365日の中で、ホームで試合をするのはたった30日しかないんです。割合で示すと10%も割り込んで8.2%。つまり90%以上は試合が開催されない。

芝のコンディションを保つためでもありますし、御存知の通り大規模なスタジアムなのでイベントを運営するのにもお金がかかります。では残りの335日は何をやっているのかというと、何もやっていなかったんです。これでは収益性という面で厳しい。何かしないといけないですよね。ここがレアル・マドリードのMBAで「頭を使うところ」と言われたところです。

試合が無い日も一日過ごせるスタジアム

では実際にレアル・マドリードはどんなことをしたのか。まず、「ベルナベウツアー」というスタジアムツアーをやりました。選手が使うベンチやシャワールームなども全て公開したんです。このツアーは参加費が1人につき2,500円くらいなんですけど、一日の売り上げが1,000万円を超えている日もあると聞いたことがあります。

そして、ピッチを見ながらご飯を食べられるレストランを作りました。このレストラン、良い料理人を呼んできたのでめちゃくちゃ美味しいんです。味が良いので有名な政治家が来ることもあります。今や世界中から人が来るようになっているので、平日もほとんど予約が取れないですね。

そしてアディダスショップ。実は、マドリード市内にアディダスショップは2件しかありません。そして、スタジアムに入っているこのショップがマドリードで一番大きいんです。つまり『アディダスのものが欲しいのであれば、サンティアゴ・ベルナベウに行ってくれ』ということ。アディダスはレアル・マドリードのスポンサーなので、スポンサーシップという面から見てもwin-winの関係性です。

欲しいアディダスの商品が手に入らない。だからみんなここに来る。ここに来ると横にはレストランがある。ツアーもある。そうすると朝から一日、ここのスタジアムで過ごせてしまうんです。それも試合が無いのに。こういうメソッドが、お金を生み出すスタジアムの活用方法ですね。

 

日本の事例が授業に登場

蛇足ですが、実はMBAの授業内で、日本のスタジアムの話題も出たことがあります。新国立競技場の件や、DeNAが横浜スタジアムを改築するといったこと。それらがスペインでも授業の題材として取り上げられているんです。こうした事例がスペインと大きく違うところは何かというと、誰が所有しているのか、というところ。向こうは基本的にチームが所有者なんです。でも日本の場合は多くの場合、チームではなく自治体です。

今のスペインは経済状況が悪くて、生活が困窮してしまっている。そんな中で運営していかなければいけないので、最初に考えることはお金のことなんです。どうやって収支をプラスにすればいいのか。

一方で日本は自治体がスタジアムを持っているから、お金のことが必ずしも最初には来ないんです。かたや向こうは最初から命がけで経営を考えている。ここは大きな背景の違いだと思います。