新卒で楽天へ入った男の次なる舞台は、愛する常勝軍団・鹿島アントラーズ

2017.10.10 AZrena編集部

金曜日に夜行バスで東京まで行き、そこから鹿嶋に行って、また戻ると。土曜の試合はまだ良いんですけど、日曜ナイターは大変でした。終わった後に、また東京駅まで戻り、東京駅から夜行バスで仙台へ向かって、着いたら仕事に行く。そういう生活を続けていました。

(大澤隆徳  鹿島アントラーズ 事業部 セールスグループ スポンサー担当)

 

多くの方がプロスポーツクラブで働くことに憧れを持っているかと思います。

ですが、ひとえにプロクラブの仕事と言っても形態は様々であり、そこに至るまでの道筋も十人十色。

実際に働いている人の数も決して多くは無い中、業界への入り方や道筋は明確化されていません。ただ、現在その現場で働いている多くの人達の経験談から見えるものも多いはずです。

スポーツ業界で働くには?そのために何をすれば良いのか。先人たちの足跡をたどる本連載において今回、お話を伺ったのは明治安田生命J1リーグにおいて首位を走る(2017年10月6日現在)“常勝軍団”鹿島アントラーズのスポンサー営業を務める大澤隆徳さんです。

もともと鹿島アントラーズのファンであった大澤さんが“愛するクラブ”の一員となった裏側には、とてつもない行動力と強い思いがありました。

 

地元は浦和だが、応援していたチームは…

僕は浦和レッズや大宮アルディージャのホームタウンであるさいたま市出身なのですが、3歳の時に父親が商社に勤めていたこともありドイツのデュッセルドルフへ行き、9歳まで住んでいました。その後にさいたま市へ戻ってきました。

サッカーを始めたのはドイツにいたときです。ドイツではサッカーが日常の生活に文化として根付いていました。公園に行くと、日本人の友達や見ず知らずのドイツ人とボールを蹴って遊んでいたんです。「Bolzplatz」といって簡単に言うとサッカーが出来る公園?のような場所です。そこで、サッカーにはまり、毎週金曜と土日のどちらかは現地のドイツのサッカースクールに通うようになりました。だから僕は、サッカーを習いに行ったというよりも、公園に遊びに行ったらサッカーがあって、気づいたらサッカーを始めていたという流れです。大人になって親から聞いた話によると当時はドイツ語を普通に話していたようでした(笑)。

 

日本に戻ってからは地元のサッカー少年団に入って、そのまま地元中学校のサッカー部に入り、高校は武南高校に進学しました。正直、サッカーでそこまで通用するとは思っていなかったんですけど、埼玉の高校で自分が一番強いと思うところでやってみたいという思いがあったんです。もちろんレギュラーになりたいという思いもありましたけど、それよりもレベルの高いところでやってみたかった。そうしないと後悔すると感じたので。

 

武南高校で3年間を過ごした後、指定校推薦で中央大学経済学部国際経済学科に進みました。大学のサッカー部には基本的にはサッカー推薦の人しか入部できないので部活動としてサッカーを続ける気は無かったですし、サッカーのサークルに入ろうとも思わなかったです。ただ、中央大学体育同好会連盟フースバルクラブというサッカーサークルの人たちに勧誘されて、一度練習に参加させてもらいました。

サークルのメンバーの中には全国選手権に出たことがある人やJクラブの下部組織出身の人がいて、結構真剣にサッカーに取り組んでいたのです。サッカーサークルのイメージがこの時、一気に変わりました。ここだったらサッカーをやっていて面白いなと思いましたし、将来を見据えた人間関係を構築することも考えて、このサークルに入りました。

転機となった2006年W杯

もともと、高校生の頃は選手の代理人になりたいと思っていました。

ただ、“なんとなく”です。2006年のドイツW杯の日本対オーストラリアの試合を現地で見て、「サッカーワールドカップはビジネスになるんだな」と肌で感じました。ちょうど大学に入ったばかりの頃で、経済学部に入ったけれど、そこで何を勉強したいのかが正直分からなかった。ただ、スポーツと経済というワードが頭に残っていて、その視点を持ってドイツW杯を見に行ったら、「サッカーを仕事にすることが出来るかもしれない。サッカーに関わる仕事はこういうこともあるのだな」と強く思いました。自分の大学生活の中で、「大きな目標」が出来た瞬間でした。

そして帰国後、日本でサッカーに関わる仕事は何があるのかな?と考えた時に、Jクラブの仕事が一番近いな思ったので調べてみました。調べていく中で鹿島の事例が多くでてきたのと、もともと好きなクラブだったので、「鹿島アントラーズで働きたい」と思ったんです。

『99.9999%Jリーグ参入は無理』と言われた中から、地域を巻き込んで、県も市も巻き込んでスタジアムを作った。サッカーやアントラーズがきっかけで地域が活性化しているという事例が出ていたので、こういう場所で仕事をしたいなと思い、鹿島を目指し始めました。

 

よく聞かれるんですけど、僕は実家が浦和にありながら浦和レッズのサポーターではなかったんです(笑)。当時は浦和のチケットがなかなか手に入らなかったのですが、たまたまチケットを取れた時があり、見に行った試合の対戦相手が鹿島でした。ヤナギさん(柳沢敦)、浩二さん(中田浩二)、満男さん(小笠原満男)がいて、純粋に「強いな」という印象を持ちました。こっちの赤(鹿島の赤)の方が好きだなって(笑)。

その時は99-00シーズンあたりで、カシマスタジアムを2002年のW杯に向けて改修していた時期。だから、鹿島はよく国立競技場をホームとして使っていたんです。親がよく国立まで連れて行ってくれましたね。そして、2000年に3冠を獲った。周りはほぼ全員が浦和を応援していましたが、おそらく僕だけが鹿島を応援しておりました。週明けに学校の友達に会うたびに「浦和は勝ったけど、鹿島は負けた」「次の鹿島対浦和の試合は鹿島が勝つからね」
そういう会話をしていた子供の頃が、今となってはとても良い思い出です(笑)。

「Jクラブの仕事がしたい」という強い思いを持った中で、大学2年時には集まった学生達が自由に研究テーマを決められるゼミに進みました(経済学部の福田川ゼミ)。そこで、「サッカーと地域の関係性をやりたい」と伝えたら、それが通ったんです。そこで本を読んだり、教授からアドバイスを聞いたり、そもそも地域活性化という視点でスポーツ以外の事例もあったので、それも調べたり。どういう形でやっていくのがベストなのかという研究をずっとやっていました。

その中でモデルとして調べていたのが鹿島アントラーズと、東北楽天ゴールデンイーグルスでした。楽天は野球というコンテンツだけではなく、野球以外のものでも集客していくことを目標に、尚かつ東北の地域を元気にすると思いを持っていたんです。

“自分で切り開いていく力”

そして大学3年生になり就職活動の時期が迫ってきたのですが、IMGの日本のダイレクターを務めている菊地さんという方とたまたま親族に知り合いがいた縁で繋がることができ、一度お会いさせていただきました。そこでは“Jクラブの仕事がしたいが、どうすればこの業界に入れるのか”ということを聞きました。

そこでの答えは『自分で切り開いていくことが第一』と。人に助けてもらうことももちろんだけど、自分で考えて動かないとダメだということを言われたんです。そして、とにかくチャンスがあったらそこに足を運ぶ、いつチャンスが来ても良いように、自分がプロスポーツの世界で何がしたいかを常に意見として持っておくように、ということも言われていました。

ただ、『新卒で入っても戦力にならないしクラブのためにならないから、普通に一般企業を受けたほうが良いんじゃないか』というアドバイスも一方ではあったのです。とはいえ、そこまで言われても鹿島に入りたすぎて(笑)。親会社やスポンサー企業に入ればどうにかなるんじゃないかと思って、トステム(現LIXIL)にも、住友金属(現 新日鐵住金)にもサントリーにもKDDIにもエントリーをしました。

 

結局、いずれの会社も受かることはできなかったのですが、同時にエントリーしていた楽天から内定をいただき、入社を決めました。