プロの指導者が監修。テクニック上達に特化したサッカーボールが凄い

2019.07.29 AZrena編集部

サッカーのテクニック上達に特化したボールがあることをご存知でしょうか。ユース年代の指導実績が豊富なプロサッカーコーチ・三木利章氏の監修のもとで開発されました。

動画引用元:サカイク編集部

「TEKUDAMA(テクダマ)」と名付けられたこのボールは、普通のサッカーボールとは異なる3つの特徴があります。1つ目は、重さは4号球(小学生用)と同じですが、大きさが2号球であること。蹴ったときの感触や反発は変わらないものの、特殊な製法でサイズが小さく作られています。

2つ目は、不規則にバウンドすること。普通にバウンドすることもあれば、ボールの当たる面によって回転が変わることもあります。この2つの特徴は練習の難易度を高め、脳や神経系に多くの刺激を与えます。

 

そして3つ目は、視認性の高いデザインになっていること。黄色を基調としたデザインで、ボールを認知しやすくなっており、より集中してトレーニングに臨むことができます。

このテクダマを普段の練習に取り入れることで、ボールを自在に操る技術と、しなやかな動きの習得が期待できます。限定500球で予約を開始したところ、1日で300球を超える予約が入ったとのことで、サッカーチームの新たな練習法として浸透していくかもしれません。