ONEがSNSの動画再生数で世界4位!アジア団体で唯一ランクイン

2020.05.18 AZrena編集部

総合格闘技

シンガポールの総合格闘技団体である「ONEチャンピオンシップ(通称、ONE)」は、アジアを中心に世界的な人気を博している。

オンライン動画の解析を行なう「Tubular Labs(チューブラーラボ)」の調査によると、2019年度において、SNSの動画再生数は56億回を記録。これは全世界のスポーツ団体の中で、WWEの146億回、NBAの103億回、NFLの60億回に次いで4番目に高い数字となった。

全世界のスポーツ団体のSNS動画再生数(2019年度)

全世界のスポーツ団体のSNS動画再生数(2019年度)

トップ5には、WWE、ONE、UFCと、3つの格闘技団体がランクイン。格闘技が世界的な人気を誇り、SNSにおいて高い影響力を持っていることが分かる。また、表には上位15団体のデータが記されているが、ONE以外はいずれも欧米を拠点としており、ONEはアジアを拠点とする団体として唯一名を連ねた。

ONEはSNSや公式アプリを通じて、過去の試合映像やドキュメンタリー、ポッドキャストなど、様々なコンテンツを配信している。また、eスポーツ事業を展開する「ONE Esports」も運営しており、今後もアジアの代表として幅広い層に格闘技の魅力を届けることだろう。