FC東京がスポーツギフティングを活用。石川直宏「周囲の期待を直に」

2020.06.04 AZrena編集部

石川直宏さん

J1リーグのFC東京が、一般財団法人アスリートフラッグ財団が運営を行なうスポーツギフティングサービス「Unlim(アンリム)」の利用を開始する。

 

Unlimは「競技活動資金に充て新たな挑戦をしたい」「自身の活動だけではなくスポーツや競技そのものを盛り上げていきたい」「スポーツを通じて社会に貢献したい」といった思いを持つアスリートやチームに対して、ファンが直接、金銭的支援ができるサービスだ。

 

FC東京は「強く、愛されるチームをめざして」をスローガンに活動。新型コロナウイルスの影響下でも、小児病棟へのオンライン訪問など、状況に応じた地域貢献活動を行なっている。

その中で、スポーツギフティングという仕組みを活用し、ファン・サポーターを巻き込んだ新しい地域貢献を実現していく。

 

クラブコミュニケーターを務める石川直宏氏は、「FC東京が世界に誇れるクラブになっていくべく、『今だからこそできること』を考え、Unlimの利用開始を決定した」とコメント。

また、「選手個人だけでなく、クラブとしても応援していただける仕組みが目に見えると、周囲の期待を直に感じられると思う」と、スポーツギフティングの強みを挙げた。

石川直宏さん

 

ファン・サポーターの期待を胸に、首都クラブはどのように変貌していくのか。スポーツの力が、社会に活力を与えることを期待したい。