AZrena編集部

怪我をきっかけに志したトレーナーの道。宮澤葵が全うする、次世代のためにできること。

tumblr_inline_n4gbb8iTLP1sbdiv9

 

本日は、駿河台大学にて陸上のコンディショニングコーチを行っている宮澤葵さんをお迎えしました。

 

選手として箱根駅伝の予選会に出場

 

ーよろしくお願いします。

よろしくお願い致します。わざわざこんな遠くまですみません!!

 

ー今は東横線から飯能まで繋がってたりするので、意外と便利ですよ(埼玉県飯能市にて取材)では色々と聞かせてください。今は陸上のコーチとして活躍されていらっしゃいますが、宮澤さん自身の得意種目は何だったのでしょうか。

陸上の長距離走ですね。5,000mや10,000mを中心に走っていました。

 

ーもう聞いただけでつらそうな距離ですね。私は長距離走が苦手だったので、尊敬します。

いやいや、長距離は楽しいですよ?今マラソンする方が増えているのもそういう理由があるのかもしれません。

 

ー確かに、自分が走りたいなぁって気分の時や景色がもの凄く綺麗な道を走るのは楽しいかもしれませんが、練習が本当にきつくないですか。

いや、そもそも陸上を始めたきっかけは、練習が楽そうだったからなんですよ。

 

ーまたまた。陸上部ってずーっと走ってるイメージですよ。

当時の中学校の朝練が基本動作と呼ばれるものでした。要は歩いたり、スキップしたりで。見ていて、なんて楽しそうなんだろう!と思ったんですよね。これなら出来そうだしと思い、始めたんですよ。

 

ーそんな練習があるんですね!ひたすら走るイメージがある人もいると思います。練習に楽しいイメージがあるのは良いですね。

走るのも本当に気持ちいいですよ。それこそ景色を変えたり、行った事の無いところを走ってみると楽しいと思えるかもしれません。少なくとも、自分はつらいと思うことはほとんど無かったですね!

 

ー話を聞いているとなんか楽しそうですね。

そうですよ!さらに長距離の面白いところは、努力がそのままタイムに現れるんですよ。努力が報われやすい。目標を決めて、努力して達成した時の喜びは、どんなスポーツでも最高だと思える瞬間です。

 

ーどのスポーツにも言えることですが、努力=実績になるのはかなりモチベーションが上がりますね。

個人競技の良いところだと私は感じます。長距離は結構努力が身を結びますよ。

 

ー大学生時代も選手として活躍されていたんですよね。

選手兼トレーナーという感じでした。大学で選手だけでなく4年間トレーナーの勉強をしました。スポーツトレーナー学科というところに所属していましたよ。箱根駅伝の予選会にも出ました!そこから、アスレティックトレーナーの資格を取った。という感じです。

 

ー予選会とは言え、凄いですね!憧れの1つですからね大学生の。

本当に嬉しかったですね。憧れの舞台ですから。