「怪我は努力の勲章でも何でもない」プレーヤー兼トレーナー・永山宜秀の訴え。

2016.02.01 森 大樹

Facebook掲載用

かつてジェフユナイテッド市原(現・千葉)の練習生としてチームへ合流するなど、長年サッカーをプレーしていた永山宜秀氏。だが、あるときに地元・大阪でビーチサッカーと出会い、競技転向。その後はビーチサッカー日本代表にも選出された。現在はトレーナーとして活動をする傍ら、大阪レキオスBSを発足させプレーを続けている。

 

 

遊びで始めたビーチサッカーで、全国大会予選を勝ち進む

-まずは、スポーツの経歴から教えてください。

地元・大阪で小学生の頃からサッカーをしていました。中学、高校も地元のクラブ「枚方フジタSC」のジュニアユース、ユースチームに所属していました。その後にジェフユナイテッド市原(当時、現・千葉)のテストに合格し、練習生という形で加入はしたものの、契約には至りませんでした。

関西に帰ってきてからも1年間だけ社会人サッカーをやりましたが、その後はずっとビーチサッカーをやっています。

 

-サッカーからビーチサッカーに転向したきっかけを教えてください。

関西に戻って、周りからは熱心にフットサルに誘われていたのですが、僕の場合、全く興味が湧かなかったんですよね(笑)それでトレーナーを始めることをずっと考えていたのですが、自分もスポーツをしながらやる方がいいとは思っていました。なので、ゴルフや自転車なども試してみたのですが、しっくり来なくて、結局ボールを蹴るのが一番だという結論になりました。その頃に友達と遊びでビーチサッカーの大会に出ることになったんです。そうしたら全国大会の予選を勝ち上がってしまって(笑)

全国大会に出るのであれば、ちゃんと練習しようという話になり、真剣にビーチサッカーに取り組んだことが本格的に始めるきっかけになりました。

 

-今は大阪レキオスに所属していますが、どのような経緯でそうなったのでしょうか?

元々沖縄にあったレキオスを東京の企業がサポートしていたことから、チームも東京に移すことになったんです。それで僕も東京に呼ばれていたのですが、自分のトレーナーの仕事があったのと、大阪でもビーチサッカーの普及をしたいということで、チームのGMにお願いをして作らせてもらったのが大阪レキオスです。

view_image-15.php

 

-ビーチサッカーの魅力はどのようなところにあると思いますか?

青い空の下、開放感のある海の近くでプレーできることが気持ち良いですし、アクロバットなプレーが多いことから観ていても楽しい競技だと思います。ビーチという自然の中でするスポーツはとても体にいい影響を与えるため、トレーナーの目線から見ても魅力的な競技だと言えます。

 

-競技をする上で一番嬉しかったことを教えてください。

これは競技を問わないかもしれませんが、スポーツを通して本当にいろいろな方とお会いできたことですね。ビーチサッカーというマイナーなスポーツであっても様々な方と繋がることができたのは自分の財産の一つです。

 

-逆に大変だったことは何ですか?

競技人口そのものが少ないですから、チームを作ること、試合をすること、そして場所を確保することが大変です。特に日本は島国で綺麗な砂浜が少ないので、場所に関しては苦労することが多いです。

 

プレーヤー、トレーナー、そして監督も

-関西リーグ選抜で監督もされていますが、どのようなことを基準に置いて選手の選考を行ったのでしょうか?

自分がやりたいビーチサッカーができそうな選手をピックアップし、何回か練習会をして、組み合わせを考えて選びました。あとはビーチサッカーの将来を考えている選手であってほしいので、そういう想いを持っているかを活動内容などを見て、判断しました。初めは若い選手を選ぶ予定でしたが、選考の時間も短かったので、結果的には経験のある選手を多く選出することとなりました。

 

-そうなると今はプレーをしながら、チームの運営、指導、そしてトレーナーもしているということですね。元々トレーナーになろうとは思っていたのでしょうか。

そうですね。サッカーは選手寿命が短いじゃないですか。だから引退してから何をするかは常に考えていて、現役時代からトレーナーさんとはコミュニケーションを取っており、指導者よりもそちらの道を見据えていました。それで4年ほど前に選手からトレーナーにメインを移しました。現在は自分の出身チームの選手も診ています。選手時代は主にスクールをやって生計を立てていましたが、今は鍼灸師としてトレーナー業をしています。

本格的にトレーナーになろうとしたきっかけはビーチサッカーで足首を怪我した時のことです。1年間ほとんどプレーができなくなってしまって、その後は一瞬代表にも選出されたのですが、すぐに外されることになりました。何とかもう一度選んでもらえるようになりたいと頑張って練習して、ようやく代表候補に入れたのですが、そのタイミングでまたしても運悪く怪我をしてしまったんです。結局選考からは漏れ、再度挑戦しようと練習に取り組んでいたところで、いよいよ完全に足首を故障してしまいました。もう歩くのも難しい状態にまでなっていましたが、そんな時に今のトレーナー活動における恩師にお会いしたんです。