× AZrena編集部

【選手特別対談】小野 伸二(サッカー)×小野 大輔(フットサル)

小野1

 

今回は小野伸二選手(北海道コンサドーレ札幌)、小野大輔選手(湘南ベルマーレ:>単独インタビュー)をお招きして、“W小野対談”をお届けする。2人は同い年で、海外クラブでのプレー経験があり、日本代表としても活躍したという共通点を持つ。日本のサッカー界とフットサル界を牽引し、公私共に親交の深い両選手が互いのサッカー観やプライベート、そして裏話を存分に語ってもらった。

 

大輔:冗談はさておき、まずは伸二と出会ったきっかけから話していこうか。

伸二:ちゃんと初めて話したのは確か2008年の末にJISS(国立スポーツ科学センター)でだったと思う。大輔は怪我でプレーしなかったんだけど、その前のフットサルのイベントでも少し話はしていたね。でも今みたいに付き合うようになった一番のきっかけはその後にJISSで会った時だよな。

大輔:JISSでは他のアスリートの人達は黙々とトレーニングをしていたよね。長くそこでやっている人のグループなんかもできていて、行っても自分はなかなかそこに入っていけなかった。ほら、俺人見知りだからさ(笑)そんな時たまたま一人でアイシングしている伸二のことを見かけたんだ。

伸二:俺も同じで、なかなかそこには入っていけずにいたんだよ。

大輔:それで何気なく、昼飯でも行く?なんて声かけたのを覚えてる。そこからの付き合いになるわけだけど…まぁ俺が一方的に仲良いと思ってるだけかな(笑)

小野2

 

伸二:たまたま同級生だったというのもここまで仲良くなる一つの大きな要因だったかも。

大輔:飯と言えば、一緒に商店街を歩いていると周りの人に気付かれるんだよね。伸二には本当は帽子とか被ってほしいんだけど、そんなのお構いなしでこのまま歩くからさ。それで「小野選手!」と後ろから声をかけられたから、二人で振り返ったわけ。俺も“小野選手”だから。でも向こうは俺のことなんか一切見てないのよ(笑)その時は伸二だけずるい!と思ったわ。飯食ってる時も店の外でみんな写真やサインを待ってたし。

伸二:飯うまかったよね。あの赤羽の店、ランチにしては高かったけど。

 

大輔:ちょっと、サッカーの話をしようか。お互い怪我をしながらも選手を続けてきたけど、何か心がけてきたことはある?

伸二:長く続けることに関して何か特別なコツみたいなものはないよ。ただ“サッカーが好き”ということだけが自分を支えてくれている。

大輔:そうだね。でも長く続けられる性格というのはあると思う。俺は他のJリーガーとも蹴る機会があるけど、みんな年下の選手は伸二のことを慕っている。伸二を含め、うまい選手はいっぱいいる。でも人として大切な性格を伸二は持ってるよ。俺も自分に置き換えて、もっと直さないといけない、と気付かされる面はあるね。

伸二:特に誰だから意識して接しているというのはないんだけど。人はみんな平等だし、年下の選手に対して変に先輩ぶることもしない。俺は若い子達の力を伸ばしていきたい、その一心でやっているかな。

小野3

 

大輔:若い選手と一緒に飯食べに行ったり、たわいのない話をしていると仲良くなって、向こうが考えていることが分かってくるから面白いよね。でもどうしても若い選手は俺のことが初めは怖いらしく、取っ付きにくいとは言われる。伸二みたいな顔してないから(笑)そういえばこの前、若いFWの選手がこっちを見てないのに俺からパスが来て驚いていたな。俺はプレーに関してどういう意図があってその選択をしたのか、ちゃんと話した上でアドバイスをくれると言っていたんだけど、そういうことの積み重ねで信頼関係は生まれていくものなんじゃないかな。

伸二:そこで歳は関係ないからね。俺も全然そんなこと気にしてない。

大輔:同い年として、俺のことはどういう性格だと感じてる?

伸二:はっきりしてるよね。好き嫌いがはっきりしているからすぐバレる。

大輔:表には出さないようにしてるんだけどな…そう言われたのは初めてだわ。伸二はこんなに誰もが知っている選手なのに気を遣えるし、優しい。これに尽きるね。

伸二:優しい方がモテるしね。

大輔:やっぱり最後はそこなんだな(笑)

伸二:結局顔とかじゃないんだよ。優しい方が男からも好かれるし。

 

大輔:逆に俺に直してほしいところとかある?

伸二:夜遅くにメールしてくるのはやめてほしい!どうせ起きてるでしょ、みたいな感じで送ってくるからね(笑)

大輔:普段伸二は東京にいないから、こっちにいるという情報をキャッチしたらテンション上がっちゃってさ。

伸二:大輔と会うとサッカーの話ばっかりしてるよね。プレーについてもそうだし、これからどうしていくのかも話すかな。

大輔:俺が今後どうしていくか悩んだ時も呼び出してランチに行ったね。伸二の奥さんも同い年だから二人に話聞いてもらってさ。

伸二:その時はうちの嫁が意見してたな。

大輔:すごくありがたい意見で、そのおかげで今季自分の中でいい結果が出せたので、感謝してる。

俺、伸二のプレーに関しては一緒にやってないからあんまり語ることができないんだけど、あえて魅力を挙げるとすれば独特のリズムを持っていることだね。だいたいパッと見て、うまい感覚を持っている選手はすぐに分かるんだけど、伸二は「そのリズム、俺には分からない」「そのタイミングでパス出す人見たことない」と思わせてくれる、予測できないプレーをする選手。

伸二:大輔はどっぷりフットサルの選手だよね。一緒にやっていてよく分かる。でもその中でも魅せるプレーをするあたりが、さすがやな。「そこでそういうことしちゃうんだ」「この時はこうするのね」と感じることができて、一緒にやっていて面白いよ。大輔とはサッカー観が合っていて、ゴールまでの流れが俺も頭の中で描けるから楽しい。元々俺がサッカーよりフットサルの方が好きなのもあるかも。フットサルはボールにいっぱい触れるし。

大輔:もちろんゴールが決まれば嬉しいんだけど、何でも決まればいいわけではなくて、俺は自分の組み立てた通りに入って初めて「よし!」となるんだよね。伸二も言葉は全く同じじゃないんだけど、似たようなことを話していたのを聞いた時は嬉しかったな。

小野4