MARS CAMP・仲島修平が考えるスポーツ業界で生きるための心得

2016.08.25 森 大樹

仲嶋修平氏

“アスリートやスポーツの真の価値というものを分かりやすく社会に翻訳できるような人になりたい”というのが、自分の中での大きな軸となった(MARS SPORTS AGENT・仲島 修平)

スポーツ業界への行き方はまだ一般的な企業の採用活動のように確立されたものはなく、タイミングや運に左右されることも多いのが実情です。しかし、その可能性を高めていくことはできます。

MARS SPORTS AGENTはアスリートのキャリアサポート、スポーツ業界への就職・転職支援、そしてスポーツ業界人を育成する実践型スポーツビジネス講座・MARS CAMPを運営。MARS CAMPはこれまでに450人を超える業界人を輩出してきました。

その立ち上げメンバーでもあり、マネージャーを務めるのが仲島修平氏。門が狭いと言われるスポーツ業界。そこを目指す上で必要不可欠なマインドと行動とは一体何なのでしょうか。

 

第一歩は大学時代。日本初のフットサルショップの立ち上げから。

小学生の時は野球をやり、中高ではサッカー、大学時代はフットサルを学生リーグで少しやっていました。野球からサッカーに移ったのはアトランタ五輪で日本代表がブラジルに勝つのを観たからです。僕らの世代では結構それに影響を受けてサッカーを始めた人も多いんじゃないですかね?

でもどうせやるならトップレベルのところでやりたいと思ったので、とあるJリーグクラブのジュニアユースのセレクションを受けに行ったんです。すると書類にポジションを記入する欄があって、野球しかやっていなかった僕は「サード」と書きました(笑)でもなんだかんだで最終試験までいけたんです。足が速くて左利きだったからでしょうね(笑)結局合格とはならなかったのですが、多少の自信にはなりました。

それ以降サッカー、フットサルとスポーツを続けていくことになるわけですが、怪我もあり、選手としてトップにいくのは厳しいと途中から感じていました。もうサッカーから離れたいと思った時期もありましたが、自分にできることと言えばやはりそこに付随したものになってくるだろうと思って、安易な考えかもしれませんが、まずはスポーツ用品のショップという関わり方を考えました。

ただ、せっかく新しいことを始めるなら普通のサッカーショップではない方がいいと思っていて、そこでちょうど、日本で初めてのフットサルショップの立ち上げに伴いスタッフ募集をしていることを知ったので、大学1年の時からそこにアルバイトとして入りました。

今考えるとこの選択はすごくよかったと思っています。メーカー側も日本初ということで市場の状況が分からない中で、僕はユーザーでもあったので、例えば“ソールが薄くて軽く、耐久性の高い、この色”であれば絶対売れるということが分かるんです。新商品企画メンバーとしてシューズの塗り絵を渡されて、カラーリングをし、後日送られてきたその通りの色の商品を売るといったこともしていました。他のメンバーとも協力しながら、数千足の販売実績を作る経験を繰り替えし行っていた大学4年間でした。まさかメーカーの商品企画の仕事を学生時代にやれるとは思っていなかったですし、面白かったです。

そして就活の時期に差し掛かっていくわけですが、正直そのままそのメーカーに入る道もありました。でもそれが本当にいいのかと、冷静に考えてみたんです。

そこで日本のメーカーのすごいところは僕らが商品企画案として紙に描いたものをその通りに実物にしてくること、つまり、絵に描いた餅を“本当の餅”にしてくる技術力の高さであって、僕らがすごいわけではないと気づいたんです。そうなると自分の場合には確立された技術力がある場に行っても自分の存在意義は見出せないんじゃないかと思いました。

 

岡野雅行氏を招いたMARS CAMP毎回ビッグな業界人のゲストを招いて行われるMARS CAMPの講義(左はガイナーレ鳥取・岡野氏)

スポーツに関わる理由を再度自身に問うた上でのキャリア選択。

怪我もあっていつの間にか自分自身はトップ選手になることを諦めていたけれど、諦めずに続けてそこまでたどり着いている人も当然います。その選手達というのは、現役中は社会をすごく豊かにしてくれる存在だと思いますが、それなのに第一線を離れると自分自身の生活が全く豊かではなくなってしまうということも多くあります。そこに社会的な矛盾を非常に強く感じました。

大それたことかもしれませんが、その矛盾した社会の仕組みを抜本的に変えたいと思いました。“アスリートやスポーツの真の価値というものを分かりやすく社会に翻訳できるような人になりたい”というのが、自分の中での大きな軸となったんです。

僕のやりたかったことは平たく言うと「選手のセカンドキャリア支援」なわけですが、当時そんなことをやっている会社はなかった。でもそれならなおさらやらないといけないと思いました。

ただ、まだ自分で稼げもしない状態の人間がスポーツ界に行くべきではないと。スポーツの産業としての価値を上げたいと言っている自分が自身の給料分も稼げないなんて、嫌だったんです。

新卒でスポーツ業界を目指すための道として、今でこそうち(MARS CAMP)を含めたインターンも昔に比べれば多くなりましたが、当時はなかったですし、学生である自分にできることなんて何もなくて、ましてや「できる」なんて勘違いできるほどの経験値もありませんでしたから。

だから、またスポーツ業界に戻ってくる時には誰よりも活躍できる人材になっていることを前提に、まずは経営・人材という社会側を広く深く見た上で解決していくような事業を行って、それからスポーツの事業を形にしていきたいと考えるようになりました。

スポーツの価値を提供するのはあくまで社会に向けて、ということになります。そう考えると、前提として社会のことも知らない人間がスポーツ側に行って対話しようとしたところで説得力がないですよね。

就活で受けた全ての会社で自分が将来的に成し遂げたいことについて、話をしました。それは別に転職が前提でもなくて、まずは組織の中でできることを増やし、サービスを社会に提供して会社に貢献しつつも、自分がやりたいことの意思表示をして社内でスポーツを事業化させることができればいいと考えていたからです。

それで現在も在籍しているWILLグループに入社して、中小企業の採用コンサルタントとしてとにかく働いてできることを増やし、社会側の気持ちやニーズに対して理解のある人になって、それを伝えられるように努力していきました。そして2008年にMARS SPORTS AGENTを立ち上げに参画させてもらったんです。

MARS CAMP

サマーインターンには毎年多くの学生から応募があり、人気を集める

 

人手不足を痛感。認識した業界に求められている人材の育成の必要性。

当時、僕らの会社は3人しかいませんでした。当然それでは人手が足りない!ということになるわけです。まだまだ成し遂げたいことがたくさんあるのですから。中で仕事をしてみて、こういった状態は僕らのみならず一緒に仕事をする業界内企業も同じだということに気づき、成し遂げたいことを実現するためにはもっとスポーツ業界に優秀な人材が集まってこないといけないと痛感しました。

それで僕は元々採用活動全般をプロデュースするのが得意だったこともあって、スポーツに特化した転職サポートを始めることにしました。

ただ、いい人がいてもいい労働条件を提示できないことも多いんです。これは採用する側とされる側、どちらが悪いという話でもないので、両者の間での落とし所を探っていくわけですが、なかなかうまくいかない。

企業規模として中小の企業も多い業界なので、正直こうなることは予測できていました。やはり優秀な人がスポーツ業界に入ってくる仕組みをつくりつつ、そもそも業界について理解していて、採用する側が欲しいと思う人材を育成する必要があるな、と。

ということでスポーツ業界の最前線で活躍中の方々にご協力頂きながら、スポーツ業界の人事事情を1番把握している僕らがコミュニティをつくっていこう、ということで始めたのがMARS CAMPです。

MARS CAMP業界人のゲストの講義に耳を傾けるMARS CAMP受講生達

僕らだけでは当然できない部分も多くあるので、様々な業界人の方にご協力頂きながら、「スポーツ業界で活躍する人材」を脈々と輩出、継承され続けていくような場というか、空間というか…コミュニティを作ったということですね。

スポーツ業界は慢性的な人手不足なので、どこも人を雇いたい気持ちはあります。でも採用の多くは緊急度が高く、人が来ても求めている人材与件に満たないという悩みを抱えています。その状態では求人があったとしてもいつまで経っても業界側は求める人材と出会うことはできません。よってスポーツ業界内の企業には喫緊の採用計画以外の活動ができるようサポートを行い、スポーツ業界に行きたいという人を業界で活躍できる状態にまで育成していく必要性があります。

 

では、仲島さんが考える、スポーツ業界を目指す上で求められる、絶対的かつ根本的な考え方とは一体何なのでしょうか?

【後編】へ続きます。