鍵は股関節と胸の間に生まれる“捻りの差”。2年連続トリプルスリー・山田哲人の打撃フォームを徹底分析!

2016.10.19 川端 翔太

昨年に引き続き、トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成した、ヤクルト・山田哲人選手。これは史上初の快挙です。最近は様々なデータに基づいた分析がなされ、相手チームのマークもより厳しくなります。その中で素晴らしいこのような成績を残せるのは、一体なぜなのか。数多くのトッププレイヤーのトレーニングやケアを行うアスレティックトレーナーに、その成績を成し得る秘訣を”身体の使い方”という観点から分析して頂きます。

 

山田選手のフォームを見ていく前にまず、打球を遠くに飛ばすために用いられる3つの力について触れておきます。

打球を遠くに飛ばすためには

①位置エネルギー
②並進エネルギー
③回旋エネルギー

の3つのエネルギーをうまく使う必要があります。

地球には重力がありますから、高い位置から低い位置に落とす方が落下のエネルギー(位置エネルギー)を使うことができます。しかし、バットや足を高く上げて振り下ろすようにするとタイミングが取りづらく打てる確率が減ります。

並進エネルギーは簡単に言えば、助走をつけた方が勢いが出るということです。
バッターボックスから出ずに助走を使うためには、振り子打法のようにすればよいということになるのですが、これもタイミングを取るのが難しくなります。

一方で回旋エネルギーは上記の2つと比べ、打つ確率を減らさずに使うことができるエネルギーです。
人間の体において回旋する関節というのは「股関節」と「胸椎」の2つです。
バッティングにおいて「腰を回せ!」は股関節の意で「肩を回せ!」は胸椎の意です。
山田選手はあまり大きくない身体であるにも関わらず、このエネルギーを使うことにとても優れています。

 

それでは山田哲人選手のバッティングフォームを見ていきましょう。

tetsuto1

まず、特徴的なのは高いところにバットのグリップ(トップ)を保っているところ。これはバットをスインドと共に振り下ろしてくることで発生する位置エネルギーを使用するためです。

 

tetsuto2

左足を高く上げるのも、位置エネルギーにおける落下の力を利用するためと考えられます。

 

tetsuto3

大きく上げた足をクロス気味に入れています。独特の足の上げ方ですが、これはヘソをキャッチャー方向に向けることで、股関節の捻転を強く生み出しています。しかし、肩はスクエアでいつでもバットを出しやすい状態になっています。

 

tetsuto41

左足を着地させた瞬間、足を内旋(内に絞る)させようとしています。そうすると股関節が深く回ります。

この動作によって股関節(ヘソ)は鋭く回転しにいこうとしてますが、胸椎(胸)はまだ回ることを我慢できています。これを野球の用語では「割れ」といいます。

体は打ちに行っていますが、バットはまだ出てきていません。前足に内旋をかけることで下半身と上半身との間に捻転差ができます。

体に捻転差があることで、体幹部がパチンコ鉄砲のゴムが張ったような状態を作り、腹斜筋などの大きな筋肉がバットを加速させるために働きます。

前足の内旋がかかっていないと足が開いてしまい、捻転差が生まれず、バットが早く出てきてしまいます。バットが早く出る=泳がされることになります。

 

tetsuto51

後足である右足も最後まで捻転して、左右股関節の回旋エネルギーを使い切っています。すると少し左足に引きつけられるような形になります。両足を内旋させると背骨の垂線(背骨を軸とした線)に巻きついてきます。特に左足の内旋が右打者にとっては重要で、これがいわゆる“壁”を作り出すことになります。

 

tetsuto6 tetsuto7

バットが反動で戻ってくるくらい振り切っていることが分かります。

 

yamada

センターから右方向へのホームランが少ないのは捻りが強い山田選手特有の傾向と言えるでしょう。ホームランバッターの多くは逆方向に打つ場合、後ろ側足の骨盤(右バッターの場合右足)を押し出すように使います。

また、中には前足の踏み込みを開いて打つ選手(オープンステップ)がいますが、これは後足側の骨盤の押し出しをしやすくするために、あえて前足側の骨盤をどかしています。ボクシングでジャブを打つときには出す手と同じ側の骨盤を一緒に押し出す感じになると思いますが、逆方向にホームランを打つ為にはこれがポイントになります。

しかし、山田選手はあくまでも左右の骨盤、股関節を鋭く、深く回すことに長けているのでレフト方向のホームランが多くなります。

 

 

<まとめ>

1.グリップの高さと大きく上げた足による位置エネルギーを利用する

2.足を内旋させることで捻転差を生み出す
→細い体をフルに活かして飛距離を出す!

 

バッティングでは「開き」が永遠のテーマのように扱われてます。これは前脚の内旋ということがカギになり、プロでもこれだけ深く、鋭く股関節のを回せる選手は少ないのではと感じます。

もちろん習得するまでには練習を続けることが必要不可欠ですが、山田選手が2年連続でのトリプルスリー達成という結果を出していることからも分かるように、手本にしたいフォームの1つと言えます。

体が細くても打球を遠くに飛ばしたい方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

【解説:川端 翔太(アスレティック・トレーナー)】