自ら茨の道を選んだ田中陽子。両足の正確なキックを武器にチームを1部昇格へ導く!

2015.10.08 森 大樹

田中陽子

なでしこジャパンでも活躍した田中陽子は日本サッカー協会が運営する選手育成機関・JFAアカデミー福島に1期生として入り、その後はINAC神戸を経て、2015年からノジマステラ神奈川相模原に入団。チームの1部昇格を目指してプレーを続けている。各世代の代表にも選出されており、今後さらなる活躍が期待される選手の1人だ。

 

左足の疲労骨折をきっかけに両足で蹴ることを意識

-田中選手は5歳の時にサッカーを始めたということですが、好きになったきっかけは何だったのでしょうか。

これ!というのは覚えていませんが、私が通っていた幼稚園のグラウンドには下がトンネルになっているすべり台があって、そこにボールを入れて遊んでいたのが楽しかったのは覚えています。それがルーツのような気がします。

 

-そこで初めてボールに触れる楽しさを感じたということですね。小さな頃からサッカーを続けられる中で、他の競技に興味を持ったことはありましたか。

姉の影響で小学校3、4年生の時に陸上をやった時期もありましたが、あまり好きになれませんでしたね。種目は短距離、中距離でした。でもしんどかったので、すぐに止めました(笑)

 

-走ること自体は好きですか。

小さい頃は好きでしたが、大きくなるにつれて嫌いになっていきました(笑)ただ当然サッカーに走りは欠かせないので、今は走ります!

 

-選手としてこれからどういったところを伸ばしていきたいと考えていますか。

運動量のことはいつも考えています。私は素早さを生かしてボールにたくさん触ることで特徴が出せるタイプです。それを90分間続けることが非常に大事だと考えています。常にピッチの中を動き回りながら、どうやってボールに関わるかも考える必要があるので、そこも意識しているところです。私は体が小さいので、ずっと動き続けることが本当に大切なんです。

田中陽子

 

-スタミナ面について、具体的に取り組んでいることを教えてください。

チームとしては、毎日走ることを中心としたフィジカルに負荷をかけたトレーニングを行った後に通常練習に入っていきます。意識高くトレーニングした後に練習をするのはきついですが、疲れている状態でもより多くボールに触ることや攻守の切り替えについて、特に気を付けてやっています。

 

-田中陽子選手のプレーにおけるアピールポイントはどこですか。

ペナルティエリア手前でボールを持った時の切り返しです。相手をかわしてシュートを打ったり、チャンスをつくったりするところを見てもらいたいです。

 

-やりやすいと感じるポジションはありますか。

ポジションは攻撃的な中盤が一番やりやすいです。

 

-田中選手は左右の足、どちらでも正確に蹴ることができるところも特徴かと思います。

両足で蹴ることについては中学3年生から高校1年生頃に意識し始めました。きっかけは左足の疲労骨折でした。怪我をしてからしばらく左足で踏み込むことができなかったので、ずっと右足で踏み込んで、逆足である左で蹴っていたことで自然と両足で蹴ることができるようになっていきました。

やはり利き足でシュートを打たせないようにどの選手もしてくるので、そこで切り返して逆足でも蹴ることができるというのは大きいと思います。

 

田中陽子

 

-若くして日本代表にも選出されていますが、初めてそのユニフォームに袖を通した時は特別なものを感じましたか。

すごく注目されていたということもあって、焦っていたと思います。感動よりも当時は焦りの方が大きかったです。

 

-練習や試合に臨む上で行っているルーティーンワークはありますか。

全体練習が始まる前に自分でしっかり体を動かして、ボールに触っておくことはやっています。そうすることでボールに触る感覚を確かめるようにしています。

 

-田中選手が憧れている選手を教えてください。

イニエスタ選手です。パスやトラップ、ボールタッチといった基礎的な部分はもちろん、発想も好きです。やはりバルセロナのサッカーは見ていて楽しいですよね。

 

チーム一丸となって、なでしこリーグ1部昇格を目指す

 

田中陽子

-今後の目標を聞かせてください。

チームが1部に上がるために自分も勝負強さや1対1での強さを身に付けて、勝てる選手になりたいです。

 

-現在所属されているノジマステラ神奈川相模原のチームの特徴を教えてください。

たくさんの選手がボールに関わりながら、それをゴールに結びつけていくすごく攻撃的なチームだと思います。私はまだ入ってから半年ですが、チームの雰囲気も変わり、よくなっていっていると感じています。1部昇格を目指すチームとして、とても良いムードだと思います!

 

-チームのロゴもかわいらしいと思いました。ロゴやチームのウェアなどについて感じることはありますか。

ロゴかわいいですよね!色や形も少し変わっていて好きです。他にもユニフォームと練習着は色が違いますし、ジャージも前後で異なる色を使っているというのもいいと思います。

 

田中陽子

 

-移籍に伴ってお住まいも移ることになったわけですが、神奈川の印象はいかがですか。

少し行くだけで横浜や鎌倉など、有名な場所がたくさんありますよね!そういったところに行けるというのは楽しいです。

 

-今は選手だけでなく、お仕事も並行してされています。両立する生活には慣れましたか。

だいぶ慣れてきました。仕事では移動することもあるので、練習が始まるまでに少し疲れてしまうこともありますが、そんな時は練習前の空いた時間でしっかり準備をし、切り替えてサッカーに臨むようにしています。仕事があってもサッカーには集中できていますよ。

 

-オフの日は何をして過ごしていますか。

一日中家にいることが多いです(笑)あとは車を運転するのが好きなので、それで少し出かけたりはします。電車でどこかに行くということはめったにないですね。近場ですと厚木や海老名、少し足を伸ばす時は1時間ほどかけて江ノ島や湘南まで行きます。特に江ノ島が好きです!

 

-それでは最後に読者の方にメッセージをお願いします。

まずはチーム一丸となって1部に昇格できるように頑張っていきます!とても良い雰囲気ですので、ぜひ皆さんスタジアムに足を運んで応援してください!よろしくお願いします。