サッカー市場の席巻へ。ビール大手・ハイネケンの“狭く強い”戦略

2019.11.29 AZrena編集部

ハイネケン

オランダの大手ビールメーカー「ハイネケン」は、アメリカ国内でサッカーに絞ったスポーツマーケティング戦略を展開。アメリカのプロサッカーリーグであるMLS(メジャリーグサッカー)とのパートナーシップ契約に加え、各チームと盛んなアクティベーションを実施するため、MLSに所属する14チームと個別契約を結んでいる。

 

現在、アメリカのビール業界では、バドワイザーやミラークアーズが多くのシェアを占めている。ハイネケンの市場内訳は3.5パーセントに過ぎず、まだまだメジャーであるとは言えない。これまでもハイネケンはUEFAチャンピオンズリーグをはじめ、サッカー界への投資を行っていたが、「サッカーはハイネケン」という印象をより深めようとしているのだ。

 

すでにアトランタ・ユナイテッドFCやロサンゼルスFCなど、MLSの強豪クラブとのパートナーシップ契約を通じて、アメリカサッカー界でのブランティングは進んでいる。“狭く強い”ハイネケンのスポーツマーケティング戦略は、今後どのような発展を遂げるのだろうか。

r