ラグビー ・冨田真紀子がブラを寄付する理由「これが、私にできること」

2022.02.17 AZrena編集部


<トップ写真:本人提供>

本企画はスポーツの力を活用して社会貢献活動を推進する日本財団のプロジェクト「HEROs」と共同で実施している特集企画です。

HEROsではアスリートや非営利団体に対して活動支援(資金提供)も行っています。詳細はHEROsのHPで!

 

冨田真紀子さんは、現在フランス1部リーグでプレーしているラグビー選手です。中学3年生からラグビーを始め、高校時代から15人制及び7人制の日本代表で経験を積んできました。2017年にはラグビーにのみ集中するため、山口県のチーム「ながとブルーエンジェルス」に移籍。競技一本の環境に身を置いたことが、「競技以外でも活動して、繋がりを作りたい」という思いに繋がったと言います。

現在は、モザンビークやケニヤの女性に対してブラジャーを寄付する活動を行なっています。受け取った現地の人々は、衣服の製作に使用したりそのまま販売したりできます。女性から女性へ、売春以外で稼ぐきっかけを提供するのがこの活動の目的です。

もともとは、アメリカの非営利団体が取り組んでいた本プロジェクト「FREE THE GIRLS」。先導して日本からも参画しようと思った理由や思い、活動を通じた体感した“繋がる力”についてお伺いしました。

 

「冨田真紀子だから、できること」

私の友人が、性的虐待を受けていたことがあったんです。なので、「同じような経験をした女性に対して何かできないか」というのはずっと心のどこかにありました。

当時、怪我で東京五輪を諦めざるを得なくなり、チームでも結果が出せない状況が続いていました。自分の人生はこのまま終わってしまうんじゃないかと落ち込んでしまっていて。ちょうどその時、ニュースで「FREE THE GIRLS」の活動について知りました。もともとあった自分の中の思いと一致して、「今行動を起こせば何かが変わるのではないか。私にできることがあるのでは」と思ったんです。

ただの物資支援ではなく、「雇用を生み出す」という活動内容にも興味を持ちました。思いを形にできる、持続可能な活動。ビビッと来るものがありました。

アメリカでは、「ブラドライブボックス」というものが街中にあるんです。散歩に行くついでにブラを入れるくらいの感覚で活動に参加できます。それが調べても、日本にはない「なら私がやろう!」と、メールでプロジェクトを行なっているアメリカの非営利団体に連絡しました。大歓迎してくださって、すぐに一歩を踏み出すことができました。

 

<続き&全文はコチラから>