【後編】「100位以内になって初めて一流」。瀬間友里加が目指すのは、5年ぶりの一流舞台

2014.08.27 AZrena編集部

瀬間友里加

 

【前編】はこちら

 

テニス以外考えられない

 

-瀬間さんの得意なコートを教えてください。
ハードコートが好きですね。日本にはなかなか無いんですよ!今日本は砂入り人工芝が多いです。雨が降ってもすぐ乾くのと、膝に凄く良い。というのがあって。ただ、砂入り人工芝の試合って無いんです。ハードコートをたくさん作って欲しい。というのが希望としてはあるのですが、なかなか難しいのが現状です。見るテニスと、やるテニス。というのは大分違う。といった感じなんですよね。砂入り人工芝って、日本にしか無いんですよ。

 

-そうなんですね!知りませんでした。 少し話はそれますが、瀬間さんは本当に話し方が丁寧かつ上品なので講演をするととても聴衆が喜びそうですよね。

本当ですか。今迄やったこと無いです。考えた事もなかったです。

 

-面白いと思います。実体験は本当に響くと思うので、今度是非ご依頼します。 瀬間さんはハーフとお聞きしたのですが、父母どちらが日本の方なのですか。

父がフランス人で、母が日本人です。ちなみに、家は日本語なので、フランス語はしゃべれませんよ(笑)

 

-英語はどうですか。

留学していた時にしっかり勉強したのと、テニスの場合は遠征で大会エントリーだったりと必ず必要になってくるので、ある程度は話せると思います。

 

-ここからは、少しプライベートな話を聞かせてください。

お願いします。

 

-スポーツをしていなかったら、今なんの仕事をしていたと思いますか。

テニス以外本当に考えられないんですよね。OLも自分は違うなと思うし…。だからこそ、現役選手を終えたら何をしようか。と思っちゃいますね。

 

-講演しましょう!

依頼が来たら(笑)

 

-海外生活で困ることはありませんでしたか。

英語が通じない国はやはり大変です。後は、海外は油っこい食べ物が多いので胃もたれしてしまうこととかも最初は多かったですね。熱を出して救急車に乗って病院に行ったこともありました。

 

-必ず持っていくものとかはありますか。

ストレッチマットとか、コンディショニングを整えるものを持って行くようになりましたね。食べ物では、ウイダーinゼリーやポカリスエットの粉とかも持って行きます。

 

-テニス以外の趣味を教えてください。

読書かな・・・。でも、本当に時間が無いのでつかの間のオフは買い物やマッサージ等をしていますね。基本的には外に出ていることが多いです。オフの時間は本当に少ないので、貴重に過ごしています。

 

-そんな中、お時間頂きましてありがとうございます。瀬間さんを見る事が出来る国内の大会は、直近でありますか。

秋に全日本選手権があります!11月に有明コロシアムでやりますので、是非見に来てください。ダブルスも妹と組むので。

瀬間友里加、瀬間詠里花

※左が友里加さん、右が妹の詠里花さん

 

妹は「自分に持っていないところを持っている」

 

-ご自身の魅力を教えてください。

なかなか考えたことは無いですが、強いていうなら継続する力。ですね。あんまり自分だと当たり前のことなので感じないんですけど、周りの方に10年も続けて凄いね。と言っていただけることが増えてきました。

 

-ご自身と妹さんとのプレーの違いや性格の違いはありますか。

どちらかというと、妹の方が個性豊かです!なので妹の試合は見ていてもの凄く面白いですよ。私自身も妹の試合を見るのが本当に好きで。私は、内に秘めてプレーするタイプなんですけど、妹は表に出す方なので、それも見ていて面白いと思います。

 

-尊敬する選手はいらっしゃいますか。

好きな選手は、李娜(りな)選手ですね。同じアジア人としてTOPクラスでやっていますし、あまり感情を表に出すタイプでは無いんですが、静かな闘志がある。というか。あのようにプレーしたいな。と思える対象です。

 

-好きな異性のタイプを教えてください。

尊敬出来るタイプです。

 

-どのような人が尊敬出来ますか。

やりがいを持って、楽しんで仕事している人であれば嬉しいですね。

 

-妹さんの好きなところを教えてください。

自分に持っていないところを持っていることと、ハッキリしているところです。言い出したらキリが無いくらい好きなところがたくさんあります。

 

-いいですね!詠里花さん(妹)にお姉さんの好きなところを聞くのを楽しみにしています。

無いって言われたらどうしよう(笑)

 

-テニスにおける、豆知識やあるあるを教えてください。

テニスは大会によってボールが違います。後は、ダブルスは大会の現地でダブルスパートナーを決めるんです!だから、行ってから決めることもあります!シングルスとダブルスは、圧倒的にシングルスの賞金が多く、ダブルス専門という人が少ないんです。

 

-最後に、読者の方に一言お願いします。

テニスをしている方もしていない方も、なかなか試合を見る機会は無いと思いますので、是非1回足を運んで頂ければと思います。是非、これからも応援よろしくお願いします。

 

【前編】はこちら