クラウドファンディングでアスリートを支える。アレ・ジャパンの活動の意味とは。

2015.12.21 森 大樹

関口

幼少期からテニスを始め、中学時代には競技をより追及するためにオーストラリアに留学した関口萌仁香氏。帰国後はテニスの強豪校・湘南工科大学附属高校に進学し、競技を続けた。卒業後、一度はテニスから離れたものの、再びプレーを再開し、そこで今の仕事に繋がるきっかけと出会った。

※クラウドファンディング:企画やプロジェクトの実施にあたって広く一般の人々に、その資金支援をよびかけるファンドレイジングの一手法。通常、インターネットを通じて行われる。アレ!ジャパンではスポーツ選手が遠征等に行く際にかかる資金についての支援を募集しており、支援者は金額に応じて選手からのメッセージやグッズなどのリターンを受けることができる。

 

 

資金難に直面するアスリートを支援したい。

-今はアスリートを支援する立場の関口さんですが、ご自身は今までどのようなスポーツをされてきたのでしょうか。

私は幼い頃からテニスが大好きで、小学校の頃はずっとテニススクールに通っており、中学に入ると軟式テニス部に入部しました。そこで部活動では定番の「厳しい上下関係」を学び、仲間と共に乗り越える、というまさに青春ドラマのような熱い日々を過ごしました(笑)

部活動と並行してそのままテニススクールにも通っていまして、14歳の時には親にお願いしてオーストラリアに1年間テニス留学にも行かせてもらいました。実力はともかく、アスリートとして私も一生懸命頑張っていたんですよ!今考えると選手としては夢のような貴重な経験ですね。

 

-競技のために留学するくらい本格的に取り組んでいたんですね。留学してから選手として何か変化したことはありましたか。

オーストラリアでの生活は見るもの全てが新しいものの連続で、ひたすら吸収する毎日でした。テニスにおいても、技術的な事はもちろんですが、練習の仕方や環境など様々な点が日本とは全く異なることに驚きを感じました。

結局私は自慢できるような実績を残せませんでしたが、心技体ともに成長することができ、納得のいく形で留学を締め括ることができました。私にとって今までで最も一生懸命テニスに打ち込んだ1年間でした。

 

関口2

留学時代の関口さん(一番左)

 

-留学から帰ってきてからはテニスを続けなかったのでしょうか。

帰国後はテニスの名門・湘南工科大学附属高校に進学してテニス部に入りました。しかし、思春期ということもあって、他に楽しい事が増えてしまい、大好きだったはずのテニスの優先順位はかなり落ちてしまいました。ふと振り返った時に競技を真剣にできていない後ろめたさや自分に対する疑問から葛藤が生まれ、結局どんどんテニスと向き合うのを避けていったような気がします。

一応、卒業まではテニス部員としてやっていましたが、選手としてはそれが最後になってしまいましたね。

 

-アレ!ジャパンとして働くことになった経緯を教えてください。

高校を卒業してからはもうテニスはしないだろうと思っていたのですが、大学で体育の授業を選択したら、たまたま担当の先生が全日本の大会にも出ているような有名なテニス選手でした。その方から「もう一回テニスしなよ」と誘われ、自身がコーチを務める社会人チームに呼んで頂いたんです。これも何かの縁かな…なんて思いながら初めは参加したのですが、気付いたら毎日通うほど楽しくテニスをするようになっていました(笑)

 

-やはり関口さんはテニスから離れられなかったということですね。

その社会人テニスチームで出会ったのが、今のアレ!ジャパン代表の田村です。アメリカ発祥の新しいファンドレイジングの手法であるクラウドファンディングを利用して、アスリートを支援するサービスを考えていて、その事業の広報をやってみないか、と誘ってもらいました。

実際に私の知り合いにも、資金難に直面するアスリートがいたので、アスリートを支援するということに共感しました。当時大学2年生だった私はあらゆる事に興味津々だったので、その場でやると即決したのを覚えています。

ただ、これは今だから言えることですが、当時まだ日本では認知度の低かった「クラウドファンディング」という言葉に対しては正直ピンと来ませんでしたし、「広報」って具体的に何をするの?という感じでしたね。こんなこと言ったら怒られちゃいますけど(笑)

そんな右も左も分からないところからのスタートで今まで3年間、日々手探りでやってきました。

 

-具体的にはどのような業務を行っているのでしょうか。

基本的には支援を募集しているアスリートについて、SNSを使って皆さんに情報発信をしています。

あとは直接アスリートやその支援をして下さる企業様に会いに行ったり、イベントに出て様々な方と情報交換したり、大会応援、ブースでのPRなどを行ったりと、外での仕事が半分くらいを占めています。それを持ち帰って、関連する事務作業をやるのがもう半分といった具合です。人数も少ないので、私にできることは全てやります!

加えてアスリートとのコミュニケーション役もしています。日々選手がうざくない程度にコンタクトを取らせてもらっています(笑)

関口3

ビーチフラッグス・野口勝成選手と

野口勝成選手インタビュー