アマチュアでも日本代表になれるチャンスあり。サッカーでもフットサルでもない、「5人制サッカー」がアツい!

2016.11.30 AZrena編集部

 アマチュアを対象にした5人制サッカー、通称”F5WC”という大会があるのをご存知でしょうか?フットサルのコートでサッカー用の5号球を使う少し変わったフットボールです。アメリカで生まれたこの競技は2014年度に初めて世界大会が開催されたのですが、日本でも予選が行われています。そして、日本におけるこの大会の主催権を持っているのが、中田英寿選手のマネジメント会社としても知られる株式会社サニーサイドアップです。

 

 仲間たちと組んだチームで全国大会を勝ち抜くと、そのチームで日本代表として世界大会に出られるという点も魅力の1つ。各チームから選抜されて作られる”日本代表”とは一線を画しています。そして、なんと前回の世界大会で日本代表チームは準優勝を収めました。

今回は世界大会準優勝をしたチーム「Tamachan」のキャプテンである村本武大さんと、サニーサイドアップで「アットホーム F5WC2016-2017」の運営事務局を務める五十嵐雅彦さんに、大会が始まった経緯とその魅力を語って頂きました。

f1

 

-F5WCについての概要を、教えてください。

五十嵐 フットサルでもなく、サッカーでもなく、“5人制サッカー”というこの大会独自のルールで行われるものです。これの世界大会の日本国内での開催権をサニーサイドアップ社が持っている、という形になります。そもそも、民間の会社が立ち上げているフットボールの世界大会ってほとんどなかったんです。そこで、世界大会の国内権利を持てるというのは、ものすごく可能性があるんじゃないか、と会社で話していました。そして、マーケットをリサーチした際にサッカーとフットサルの人口を見ていた中で、フットサルの大会がものすごくある中で、どこか一定のところで伸び悩んでいる部分があったんです。ただサッカーの大会は絶えずサッカー人口が動いており、高いコンテンツ力がある。そういう意味で、5人制サッカーはフットサルにもサッカーにも寄っていない真ん中のコンテンツとなるので、もしかすると双方のユーザーを取り込めるコンテンツになれるかもしれないというところがあったので、ものすごく可能性があるんじゃないかと。

加えて、”世界に行ける”ということが言える大会って、トップ中のトップにしか当てはまらない大会になるので、誰でも世界に行けるというのはものすごく新しい価値なんじゃないかなと。その2つが重なったので、お金がかかるけれど、それを払ってでもやるべきかなと思いました。ギャンブル的な要素はあったものの、誰でも日本代表になれるし、夢を与えられるというのはありますからね。協賛を募るために200社くらい営業に行きましたね。その中からアットホームさんに協賛して頂けることになり、非常に感謝をしております。