竹中 玲央奈

「3週間の出張で得られたのは一言のみ」。木崎伸也が語るスポーツライターという仕事。

img_0684

ドルトムントの応援を体感すべく、バイエルン戦をゴール裏で観戦。サポーターに無理やりマフラーを巻かれて撮影

 

前回の記事では木崎さんがスポーツライターとなった経緯を中心にお話頂きました。後編となる今回は、その職業を名乗れるようになって”以後”のお話を伺います。選手につきっきりで取材をすることの大変さや、海外と日本の違いなど…この世界を目指す人にとっては知っておくべき情報であることは間違いありません。そして、11月11日に上梓したサッカー日本代表・本田圭佑選手の取材における裏話も明かされています。

 

ドイツにおいてジャーナリストは特別な仕事

ドイツには2003年1月から2009年1月までいたのですが、そこの生活で感じたのは、むこうのジャーナリストは『取材させてください』というようなへりくだる態度は全くないという部分です。相手と対等だと思っていて、みんなが知る権利を自分たちは代表して行使している立場だという姿勢が強く、弁護士や会計士みたいな“特別な資格を持った人”と同じような感覚で仕事をしているんです。 これはよく話す例なのですが、高原選手がビルトの記者に、『住所を教えてくれ』って聞かれたことがありました。

img_0450

バイエルンのドーハ合宿でグアルディオラの練習を取材

 

 それに対して「プライベートだから言わない」と彼は答えたんです。ただ、次の日の新聞を見たらスポーツ欄の一面で、住んでいる家が出ていて、間取りまで書いてあった。 それを受けて、高原選手はチームの広報に『ビルトの記者とは仲良くしておけ』と言われたみたいです。“喋らないのであればこっちですぐに調べて、出すぞ“というようなメッセージだったと思うのですが、そういう事実も目の当たりにしたわけです。

 攻めの姿勢というか、報じる権利の義務感というか、権利意識に対して勉強になったというか…感じるものは大きかったですね。だから、常にビルトの記者のイメージが頭の片隅にあります。そこまでやらないにしても、記者として読者の権利を抱えているということを、一番に学んだかなと思います。

oka

マインツの練習場で岡崎慎司選手に取材。陸上から取り入れた走り方を聞いた。