目標は「死ぬまで続けること」。日本スケートボード界のパイオニア・荒畑潤一が”生涯現役”に挑む理由

2017.01.19 AZrena編集部

荒畑潤一

東京五輪の追加種目に選ばれ、来たる2020年へ向けて注目度が向上している日本スケートボード界。自国開催の大舞台でメダル獲得が期待されるが、その世界でパイオニア的存在として活躍しているのが”145″(イシコ)こと荒畑潤一だ。

 

子供の頃からスケートボードを始めた荒畑氏は、18歳で日本チャンピオンに輝いた。その後の活躍は日本に留まらず、スケートボードの本場であるアメリカにて数多くの功績を残している。

現在はカルチャーの普及・発展にも幅広く尽力しているが、スケートボード界に追い風が吹く今、自身が掲げる将来的な目標は一体何なのか。また、カルチャーの最大の魅力をどこに感じているのか。約30年に及ぶスケートボード人生を振り返りながら、余すことなく語っていただいた。