トレーニングが必要なのは筋力だけじゃない。アスリートも脳トレする時代が到来。

2017.06.19 AZrena編集部

人間の動作、思考などのありとあらゆることは脳が指示を出して行われています。そのため、近年は記憶力向上や老化防止のために脳のトレーニングを行う人の姿を見かけることも多くなっています。一方でアスリートが競技力を高めるために脳を鍛えているという話は日本ではあまり聞きません。

しかし、海外ではこの脳を鍛えることに注目が集まっており、すでにトップスポーツチームで脳のトレーニングが行われています。

それに用いられているのがヘッドホン型トレーニング機器『Halo Sport』です。

ヘッドバンド部分から発せられる電気信号によって、脳における運動を司る部位を直接脳を刺激し、運動能力を向上させる仕組みになっています。

昨年夏に行われたリオ五輪において4×400mリレーで金メダルを獲得した米国のナターシャ・ヘイスティングズ選手も使用者の一人です。他にも同国の400mハードル・短距離選手やシエラレオネの陸上短距離選手、トリニダード・トバゴのハードル競技選手が使用しています。
また、陸上競技界にとどまらず、NFLやMLBで活躍する選手のトレーニングにも活用されています。

今までになかった新しいトレーニング方法として活用されることで、さらなる競技力の向上に期待が高まります。

動画引用元:Unbox Therapy