”広告としての選手の価値”が数値化される時代に!?欧州サッカー資産価値ランキングが面白い

2016.06.03 AZrena編集部

広告としての選手の価値

仮にあなたが新たな商品を開発して世の中に売り出すとしよう。そこで認知度を高め、人気商品として地位を獲得するために“誰を広告塔に建てるか”は大きなポイントとなる。その人物を選定する際、誰がどれだけ、どのエリア(国)で人気があり、どれほど求心力が高いかが数値でランク付けされていたら、非常にその選定も楽になるに違いない。そして、実はそういったデータが存在するのだ。

今回紹介する”サッカー選手の資産価値ランキング(2015年度版・欧州編)はヨーロッパの第一線で活躍する選手たちの価値を13ヶ国におけるリサーチを元に弾いたDBIスコアという独自の数値からランク付けしたもの。価値があるサッカー選手はだれなのか?予想しながら記事を読んで頂きたい

 

1位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)

クリスティアーノ・ロナウド

DBIスコア:77.46
国際的な認知度 :男性85% 女性80%
好感度     :男性66% 女性67%
スポンサー金額 :36億〜48億円 *推定
国際的求心力  :79%

 

2位と圧倒的な差を付けてトップに立ったのは、ポルトガルの英雄・クリスティアーノ・ロナウド。世界での認知度は83%であり、スポンサー金額もトップクラス。そして好感度が女性のほうが高いのも特徴。ルックスも考えると納得の数値。

 

2位 ウェイン・ルーニー(イングランド)

ウェイン・ルーニー

DBIスコア:58.01
国際的な認知度 :男性66% 女性42%
好感度     :男性67% 女性59%
スポンサー金額 :5.4億〜6.6億円 *推定
国際的求心力  :73%
母国での求心力 :72%

 

ロナウドから大きく20ポイントほど離されているが、2位になったのはイングランドのエース・ウェイン・ルーニー。欧州だけでなくアジアでも人気の高いマンチェスター・ユナイテッドで長らく中心選手として活躍しているのが大きいのだと察する。

 

3位 アンドレス・イニエスタ(スペイン)

アンドレス・イニエスタ

DBIスコア:56.02
国際的な認知度 :男性57% 女性39%
好感度     :男性77% 女性70%
スポンサー金額 :2.4億〜3億 *推定
国際的求心力  :80%
母国での求心力 :90%

スペイン代表とバルセロナの両方で見せる魅力的なサッカーを牽引するイニエスタが第3位。男女における認知度の差もあるが、ロナウド以下は一気にこの差が顕著になる。目を引くのが母国での求心力。スペインをW杯初優勝に導くゴールを決めただけあって、英雄視されているのだろう。

 

4位 ロビン・ファン・ペルシー(オランダ)

ロビン・ファン・ペルシー

DBIスコア:54.42
国際的な認知度 :男性57% 女性35%
好感度     :男性75% 女性77%
スポンサー金額 :1.2億〜1.7億 *推定
国際的求心力  :80%
母国での求心力 :64%

 

4位はオランダが産んだストライカー、ロビン・ファン・ペルシー。意外と思う方も多いかもしれない。2014年のブラジルW杯にて、ディフェンディングチャンピオンであるスペイン代表を玉砕するゴールショーの口火を切ったダイビングヘッドは、強烈だった。母国と世界で求心力に大きく差がある。

 

5位 アリエン・ロッベン(オランダ)

アリエン・ロッベン

DBIスコア:53.72
国際的な認知度 :男性57% 女性35%
好感度     :男性72% 女性64%
スポンサー金額 :1.2億〜1.7億 *推定
国際的求心力  :77%
母国での求心力 :71%

 

4位のファン・ペルシーと共にオランダからロッベンがランクイン。ファン・ペルシーと同様に自らスペイン代表から鮮烈なゴールを決め、かつ バイエルン・ミュンヘンでも中心選手として活躍。衰えぬその力と強烈なインパクトが知名度を高めているのだろう。