パラアスリートに10億円!日本財団が障がい者スポーツ支援を行う理由。

2017.04.21 森 大樹

3月31日、日本財団パラアスリート奨学金授与式が日本体育大学で行われた。この奨学金は2020年の東京パラリンピックを見据え、世界で戦えるパラアスリートを養成する目的で創設されたもので、今回はその第1期生として18人が選出され、総額約7,400万円が給付される。今後50人の選手に1人あたり年間500万円の支援を行うことを予定している。

来たる2020年に向けて。夢と希望を与えるパラアスリートを。

まず、授与式に先立って、松浪健四郎学校法人日本体育大学理事長からの挨拶が行われたのだが、彼は衆議院議員としても活躍したが、元々は日本体育大学OBの元レスリング選手である。メキシコ五輪日本代表候補にも入った人物だ。

2020年東京パラリンピックでの活躍が期待される奨学生を前に、松浪理事長は1964年の東京五輪男子レスリング・フリースタイル・バンタム級銀メダリストのフセイン・アクバス選手を例に挙げ、「ハンディキャップがあっても、心の持ち方によって、人々に夢と希望を与えることができる。そしてここにいる皆さんは日本の社会を、世界の社会を変えるその一翼を担うアスリートになって頂きたい」と激励した。アクバス選手は小児まひによる障がいで左足が不自由であるにもかかわらず、世界選手権を4度制し、国際レスリング連盟殿堂入りを果たしている。

笹川会長の挨拶を聞く奨学生

今回の奨学金の設置を行った日本財団・笹川陽平会長は2020年の東京五輪・パラリンピックを一つの契機として、障がいの有無にかかわらず、生きていける“インクルーシブな社会”(包括的共生社会)を目指していくと話した。

その中で奨学生には競技で活躍することはもちろん、次の世代の育成に向けて、将来的には指導者となり、パラスポーツの裾野を広げる活動をしていく役割の担い手として期待を寄せる。

「多くのスポーツが国民に夢と希望を与えているわけですが、その部分だけを取ってしまうと選手たちには気の毒です。彼らが長い人生の一青春時代をここに集中することで、その結果を私たちは期待していますが、その後の人生の方がはるかに長いわけです。

障がいの方に目が行きがちですが、彼ら一人ひとりの人間としてのすばらしい生き方を我々も学ばせてもらわなければならない。皆さんの努力で、すべての日本中の、世界中の人に感動を与え、人生かく生きるべきだという見本をぜひ示して頂きたいと思っています」

また、笹川会長は2020年以降も長期的に続いていく五輪・パラリンピックにおけるレガシー、ポジティブな意味での遺産を残すために奨学金制度による支援を継続していくことを明言。ただ、時代の流れやその成果によって、その形は変化していくことを示唆した。