仕事と競技を両立させる。なぜラクロッサーは社会で活躍できる存在に?

2017.09.15 AZrena編集部

「始発で練習とか当たり前!」
「チームメイトだけでなく関わっている人全員が友達!」

そんな風に、明るく笑顔でみんなが異口同音に語るスポーツをご存知だろうか。それが、バスケット、ソフトボール、サッカー、剣道など各スポーツ出身者がこぞって集う「ラクロス」だ。

なぜ、ラクロスを始めるのか。
なぜ、学生でラクロスをすることが人間形成においてプラスなのか。
なぜ、社会人になってもラクロスを続けるのか。

今回は東日本クラブチームラクロスリーグ戦にて上位3チームに属している各々のキャプテンに来て頂き、彼女達の「ラクロス」を存分に語って頂いた。

 

チームを率いる者ゆえの悩み

宮沢:今回は、東日本クラブチームNeO、Fusion、Mistralの3キャプテンに来ていただきました。進行はFusionの宮沢が務めさせて頂きます。よろしくお願いします。
それでは、自己紹介をお願いします。

大石NeOの大石陽子と申します。2014年設立のNeo1期生です。ポジションはボトム。法政大学出身です。職場は名古屋で酒類メーカーにて営業をしています。

(#59 大石陽子さん)

小堀Mistralの小堀優子です。ミストラルでは18期です。ポジションはホームです。アタックの方ですね。学習院大学出身で普段は茶道の先生をしています。仕事もラクロスも全力で楽しんでいます。よろしくお願いします。

(#2 小堀優子さん)

堀田Fusionの堀田ひかるです。フュージョンの9期です。今年からキャプテンになりました。ポジションはミディです。普段はスポーツメーカーで働いています。

(#31 堀田ひかるさん)

 

宮沢Fusionの宮沢明日香です。それでは始めさせて頂きます。今回のキャプテン3名は26歳から28歳まで、年が近い3人です。いきなりですが「キャプテン」という立場についてお聞きしたいと思います。キャプテンってどうですか?

小堀楽しいです。それに尽きますね。毎年課題があるからそれを解決していくプロセスが楽しいです。今年のチームは新たなチャレンジで監督を初めて入れました。スポーツドクターの辻先生です。普通のスポーツ界でいう監督って戦術やメンバー決定が役割として1番大きいんですが、辻先生には「心」の部分を強くしてもらっています。
キャプテンって、与えられた場所で花を開かせる環境づくりが大事だと思うんです。ベンチにいる人でも、サポートしている人でも、試合に出ていない人でも、出来ることがある。それをしっかりと気づかせ伝えることが、一番大事な仕事だと思っています。

 

宮沢ひかるはどう?

堀田いや、私そもそもキャプテンキャラじゃないんです。強いていうなら一生懸命な平社員みたいな感じで。大学の時もキャプテンだったのですが引っ張るタイプではないのでやっぱり向いてないなと大学の時に思い、今後やることはないだろうと油断していたら、まさかの今シーズン(笑)。でも、周りに支えられてなんとか勉強しながらやらせてもらっています。

宮沢補足すると、Fusionはみんなで投票して名前が挙がった人の中で話し合いをして決めます。本人は思ってなかったかもしれないですけど今年の主将はひかるだって暗黙の了解でしたね。チームも本人も成長するための一番最善の選択だと思っています。これからのさらなる成長に期待ですね。

小堀そうなんだ!ウチのチームは主体性を求めるところから始まるので、主将も他の幹部も全部自薦からです。そこから話し合った後全員の投票を受けて決まります。

 

宮沢陽子も今年からだよね。どう?キャプテンは。

大石始まる前は「引き受けてしまったーー!」という感じでした。私自身にネームバリューあるわけではないので、「誰やねん!」と思われるのではないかと悩んだこともあります(笑)。

その時チームメイトが「大事なのはネームバリューじゃない。陽子が思ったことをやってくれれば良い」と言ってくれて、心が軽くなりました。学生の時は自分がやらなきゃ、負けたら自分のせいだ。みたいに思っていましたが、NeOは一体感があるのでキャプテンという立場を楽しみながら全うしている最中です。

 

宮沢キャプテンなりの悩みとかはないですか

小堀無限にありますよ日々(笑)考え方の違いなんかは育ち方、学校の違い、年齢の違いによってたくさんありますし。ただ、それをしっかり聞いた上で全員が前に進める方法を考えるのは楽しいです。それに、結局結果が出ると一気に全員やる気出ますしね。

大石結構個人的なのですが、仕事で部署異動が思わぬタイミングであったので、迷惑をかけたところはあると思います。ふいうちで予想外のことが起きる、《社会人あるある》かもしれません。
キャプテンなのにやるべきことが思うように出来ず自己嫌悪というか…。
「時間配分」は今も課題ですね。週末名古屋から出てくる生活をしているので、時間を上手に使える人間にならないといけないと思っています。

宮沢具体的な解決方法はあるの?

大石金曜夜出て、月曜朝一帰る。というルーチンは出来てきたので、チームメイトを頼ることですかね。
表では見えないところで、組織幹部の副将や主務がものすごく動いてくれていて支えられています。 他にも係がたくさんあってそれぞれが主体的に動いているのがNeOのいいところです。

 

キャプテンにとって重要なのはコミュニケーション

宮沢チームメイトを頼るのは大事だよね。

大石はい。頼る。ということを覚えて大分楽になりました。さらに欲を言えば、プライベートでも頼る人が欲しい。そういう意味では「恋愛」があればさらに充実すると思っています。あ、これは私だけでなくNeOの課題です(数人を除く)。

宮沢充実するけど、もっと忙しくなるでしょ。

大石ラクロスと仕事の2つばかりしていたら、気付いたら社会人になってから彼氏いないんです。 NeOに入ったら彼氏出来ないんじゃ…?と思われてしまったら困ります(笑)。 この記事に私のLINE IDとか載せておいて頂くこと可能ですか?(笑)

宮沢いけます??・・・出来ないらしいので、皆さんNeOの#59を見にいってください。でも、名古屋にいて週末移動だと彼氏と金曜日に飲みに行く時間はないでしょう。ちなみに、どんな人がいいの(笑)。

大石力持ち。白米よく食べてよく動いてよく寝る人。該当する方、是非試合観にきてください。該当する方、是非試合観にきてください。

一同:(笑)

 

宮沢キャプテンはコミュニケーション。要は人と人を繋ぐのもやらないといけない。そこに関してはみんなどうですか。例えばチームで揉めた時。私がキャプテンだった時は誰を抑えたら誰が納得するか。と人のバランス、立ち位置を考えながら動いていました。

小堀さすが営業。私たちはやはり出身大学によって考え方も育ち方も違うから、伝え方は気をつけるようにしているかな。

大石私たちはみんな「ラクロス始めたばかり?」ってくらい好奇心旺盛で、真面目だけど基本楽観的です。ラクロス楽しい!が前提にあるので、そのベースからの会話があるからそこまで揉めるとかは無いですね。

宮沢確かにラクロス愛はNeoが1番感じる。

大石ただ何にでも興味津々な分、すごく大きくいうとどの立場の人でもベクトルがずれないように、同じ方向に向かうようにしたいなとは思っています。そこは意識していますね。

 

宮沢:それこそ、社会人×ラクロスをする人はほぼ社会人として職場に出ていると思います。会社とラクロスの両立。という意味ではみんなどうですか。

小堀遠州流茶道としてお茶のお仕事をさせて頂いている中で、仕事とラクロスの両立を認めて頂いていることは親に心から感謝しています。私がラクロスを自由にできているのは会社の理解があるからなので。家族、会社、恋人、友人の応援に支えられて今があります。

堀田仕事はやっと5年目にして社会人とラクロスの両立も慣れてきました。仕事でやっていることとFusionの活動が仕事に生きることがとても多いんです。説明の仕方、提案の仕方もチームの中で行うプレゼンや反省から上達することも多々あるんです。個人的にはもっと職場の方にFusionそしてラクロスの活動を応援してもらえるにはどうしたらいいかを考えながら日々やっています。