あの“名口上”の誕生秘話。サッカー実況・下田恒幸が声に乗せる想い

2017.10.25 田中 紘夢

アナウンサーは音声を通して最前線で、物事をリアルタイムに伝える存在です。その背後には選手の家族や親族が必ずいて、そう考えると軽はずみな発言はできないですし、それはアマチュアスポーツでも変わりません」(フリーアナウンサー 下田 恒幸)

スポーツ中継において、選手の一挙手一投足や会場の興奮を「声」で伝える実況は、言うまでもなく重要な役割を果たしています。

サッカー界で長きに渡って実況として活躍し、W杯の日本代表戦やチャンピオンズリーグ決勝を担当した経験を持つ下田恒幸氏。地方局を経て、2005年からフリーアナウンサーとなり、現在は主にスカパー!やDAZNのサッカー中継を務めています。

年間の中継数はなんと、200試合超。そんな彼がスポーツアナウンサーの世界に至るまでには、幼少期を過ごしたブラジルでの“ある経験”が影響を及ぼしていたそうです。そんな彼のルーツに加え、2010年の南アフリカW杯・日本対カメルーン戦での“名口上”が生まれた経緯についてもお話いただきました。

 

ブラジルと日本で発見した、実況のルーツ

僕は小学生の時、父親の影響もあって、巨人を応援していました。遊びレベルで野球をやることも楽しんでいましたが、実はサッカーとの接点は何もなかったんです。テレビ放送もやっていなければ周りに興味がある人もいなかったですから。

小学3年生から中学1年生の途中まで、父親の仕事の都合でブラジル・サンパウロの日本人学校で過ごしていました。当然ブラジルには野球の文化がないですけど、サッカーは盛んなので、クラスメイトに影響されてサッカーを知って、遊び感覚で楽しむようになりました。

サッカーを観戦する機会も何回かあって、(※)モルンビーでサンパウロとパルメイラスの試合を観戦したこともありました。ヨーロッパや南米には今でもラジオの文化があるのですが、当時もラジオでサッカーを“聴く”ことが良くありました。クラスメイトと一緒に楽しんだり、土日に家族と出かける時にカーラジオで流してもらったり。日本に帰ってきてからも、サッカーをプレーすることはあまりなく、高校のサッカー部に少し所属していた程度です。やるより見る派でしたね。

※エスタジオ・ド・モルンビー。FCサンパウロのホームスタジアム

局アナからフリーを選んだ理由

アナウンサーという職業を意識し始めたのは、ブラジルで日本人学校に通っていた小学5年生の時。担任の先生の言葉がきっかけです。クラスメイトとサッカーの話を良くしている中で、『お前は本当に良くしゃべるし、サッカーが好きなのであればアナウンサーでもやったら?』と言われて。それからはサッカーのラジオを聴く時にも、意識的に実況を聴くようになりました。

ブラジルのサッカー中継は、試合に良くのっかっていて、音で一緒にプレーしているような感覚があります。ポルトガル語があまり分からなくても、選手名と、右や左、ドリブル、シュートなど、基本的な用語さえ分かれば、起こっていることが映像化できる、そんな実況をブラジル人のラジオアナウンサーはします。

日本の野球中継も同じで『ピッチャー振りかぶって第一球、投げました!』と動きに合わせるじゃないですか。その感覚が面白いとずっと思っていて、僕が選手の動きに合わせた実況を意識していることのルーツになっています。

僕はニッポン放送の“ショーアップ”した野球中継が好きでした。単純にいうと、実況がすごく大げさなんですよね。後から映像で見ると大したライトフライじゃないのに、『ライトバック!なおバック、ずっーーーとバック!塀にかじりついた、獲った!獲りました!』と、微妙に盛って実況するんですよ。それが僕の耳に馴染んだというか、惹かれた部分でもあります。

 

スポーツ実況はうんちくを語る場でもないし、目線を語る場でもなくて、第一は起こっていることを描写する仕事です。何も起こっていない時間に様々な情報やネタを紹介するのは良いですが、プレーが動いている時は、それを描写して伝えるのが優先です。それは恐らくヨーロッパでも南米でも同じだと思いますよ。僕は『知識がある』と言われることがありますが、知識なんてないんですよ。たくさん試合を見ているので、起こっていることを見極める力はあるかもしれないですが、細かいうんちくは持っていない。それよりも起こっていることをダイレクトに音声化するのが重要だと思っていて、そのルーツはブラジルのラジオやニッポン放送にあります。

 

大学は慶應に進んだのですが、そこでは、学園祭の実行委員を務めていました。あれだけ大規模なイベントを作るというのは、なかなか興味深かったです。そこからアナウンサーを目指して就職活動に取り組んだわけですが、採用試験の時は、ブラジルにいたということは他の人にない要素だったのでアピールしていたかな。

アナウンサーの採用試験では、必ずプロであるアナウンサーも採用に参加していて、喋り方や音声を聴いて、実況ができる素材かどうかを判断します。なぜ採用にプロであるアナウンサーが介在する必要があるのかというと、アナウンサーで入社すると基本的には局内での異動はほとんどないんです。多くの場合、定年近くまで異動しない。なので、異動させる必要がないくらいの喋り手としてのポテンシャルを持っているかどうかをプロが精査して選ばないといけないからです。

 

就職から定年まで、30〜40年仕事を続けると、払うサラリーは数億円になるじゃないですか。その数億円を投資する価値があると見込んで採用したのに、3年くらいで『これはアナウンサーとしては難しいな』と判断されたら、選んだ側の責任になってしまいます。だからこそ、選ぶ側の責任も大きいですし、プロの目を通して採用しないと成立しない職業ではあります。