アスリートがドット絵に!ゲームキャラになってミラクルプレー連発

2018.04.18 AZrena編集部

全日本空輸株式会社(ANA)は、東京オリンピック・パラリンピックをサポートすべく、スペシャルムービーを公開しています。

その第3弾として、大会出場が有力な選手たちがドット絵になった動画を公開しました。ドット絵とは、主に1980年代にパソコンやゲーム機などで多く用いられた表現形態のことです。特に40〜60代の方は懐かしさを感じるのではないでしょうか。

動画引用元:ANA Global Channel

登場したのは、水泳の瀬戸大也選手、ゴルフの松山英樹選手、車いすテニスの国枝慎吾選手、パラサイクリングの相園健太郎選手の4人です。現実ではありえないようなミラクルプレーを披露しています。

動画の最後には、瀬戸選手が東京オリンピックへと力強く進んでいく姿が映し出されています。このように、約2年後に迫った大舞台に向けて、大会スポンサー企業は様々な取り組みを行っています。