妨害禁止なのに迫力満点!平和的スポーツのチュックボールが面白い

2018.05.30 AZrena編集部

1970年にスイスの生物学者によって考案された「チュックボール」をご存知でしょうか?見た目はハンドボールに似た競技ですが、平和的なスポーツという特徴があります。

動画引用元:TchoukballPromotion

パスやキャッチ、シュートといった要素はハンドボールと同じものの、ドリブルは禁止されており、得点の獲り方にも大きな違いが。

小型トランポリンのような正方形のネットにシュートし、守備側は跳ね返ったボールを落とさずにキャッチしなければなりません。キャッチできた場合は攻守が逆転し、落とした場合はシュートした側の得点となります。

パスをカットしたり、妨害行為をしたりするプレーが一切禁じられており、怪我のリスクはありません。そんな誰もが親しめる競技ながら、非常に迫力があり、観客にとってもエキサイティングなスポーツです。

日本では1981年に協会が設立され、マイナースポーツながら30年以上の歴史があります。世界的にも発展途上のスポーツであり、競技人口の少ない今であれば、日本代表を狙うことも夢ではありません。