IT化の波は真の世界へ。REFSIXはレフェリーの救世主になれるか!?

2018.07.10 小田 菜南子

 

2018年、サッカーはITと急速に距離を縮めた。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー制)がワールドカップロシア大会から初めて導入され、1次リーグC組のフランスvsオーストラリアで早速その存在感を発揮した。一度は主審によって流されたオーストラリア選手のファウルがVARによって覆り、フランスがPKを獲得し、先制点が生まれたのだ。さらに、決勝点となったフランスの2点目は、クロスバーを叩いて真下に落ちたかのように見えたが、これはゴールラインテクノロジーによって得点と判定された。

まさにテクノロジー尽くしの一戦だった。しかしそこに人の“不足”が補われる、という負い目のようなものは感じられなかった。主審がすぐさま試合を中断し、ビデオ判定を確認しに行くシーンは、この新技術が完全なる第三者としてスポーツを支える未来を想像させた。だが、それはもはや世界大会だけで起こる話ではない。グラスルーツでもすでに、ITはサッカーとの結びつきを深め始めている。

 

アナログ主流の世界に、スマートウォッチとともに乗り込むREFSIX

『REFSIX』はイギリスで開発された、サッカーの審判員のために設計されたアプリだ。時計機能、記録用紙、パフォーマンスデータ記録をスマートウォッチ 1つにまとめることができ、すでにヨーロッパを中心に各国でリリースが進んでいる。日本では主に2,3級審判向けに普及活動が行われており、すでに社会人の県決勝での使用実績もある。

スマートフォンから担当する試合のチーム、選手、レギュレーションを登録し、スマートウォッチで同期を行うと、試合中はすべての記録をスマートウォッチ一つで行える。スマートフォンはロッカールームに置いたままでいい。さらに試合内容だけでなく、自らの走行距離や、ポジショニングを記録するヒートマップも試合後にデータ化して見ることができるのだ。交代人数やハーフタイムの時間などを試合ごとに設定でき、少年サッカーから社会人、プロリーグまで幅広い大会規約に対応が可能だ。まさに優秀な“片腕”となる。

スマートフォンに試合情報を入力し、「時計に送信」を押すとスマートウォッチに転送される。

ジャッジ内容と時刻がわかりやすく1画面にまとまる。

 

その一番の特徴は、操作性の高さにある。シンプルで視認性の高いアイコンが配置され、試合中の反則や得点者の記録など、スピーディーな判断や対応が求められるシーンでも、感覚的に画面をタップし記録することができる。紙に手書きのメモで記録するのと比べると、記入ミスもなければかかる時間も少ない。事実、使用者からは「顔を下にしている時間が少ない」「すぐにリスタートできる」といった声が寄せられている。観戦者視点で言えば、審判の“書き待ち”によって試合の中断時間が延びることが減り、よりストレスフリーに試合を見ることができるようになる。

 

 

「UI/UX、つまり画面のデザインや操作時のアプリの動作などは特に注力した点です。一秒を争うシーンで、瞬間的に操作できるものでなければこのアプリは普及しません。リリース後も一か月ごとに、ユーザーからの声を受けてアップデートを行っています。たとえば得点時の画面遷移。かつては得点者を記録するとすぐに元の画面に戻っていましたが、それではちゃんと記録されたのか分からず、不安だという声が届きました。今は得点者をタップするとすぐにサッカーボールのアイコンが表示され、得点が記録されたことがわかりやすくなっています。他にも、レッドカードの提示後は、画面を再度タップしないと次の操作に進めないなど、試合の重要な局面での操作に敏感に対応しています。」こう、ユーザーの使い心地へのこだわりを説明するのは、REFSIXの広報担当である本田大晟氏だ。彼はイギリス留学中にREFSIXと出会い、日本での普及活動を担当している。立教大学に通い、学生連盟の審判部に所属している、現役の大学生レフェリーでもある。

また、試合後にこそ記録を活用してほしいと本田氏は語る。REFSIXでは、今までの試合のスタッツの統計を見ることができ、自分が出したイエロー/レッドカードの枚数の合計もチェックできる。