サッカー代表戦で100席限定!ゲーム要素も交えた新たな観戦体験

2019.05.29 AZrena編集部

近年は最先端テクノロジーを活用した新たな観戦体験が、各競技で導入されています。2019年3月26日にノエビアスタジアム神戸で開催された「日本vsボリビア」の一戦では、100席限定のある試みが行なわれました。

ボリビア戦では、スタジアムの一部シートにタブレットを設置し、様々な角度からのカメラ映像観戦や、スタッツを用いた試合結果の予想、ハーフタイム中に楽しめるARゲームなどが用意されました。

この取り組みは、日本サッカー協会(JFA)とキリン、KDDIの3社が5G時代を見据えて導入した「XRテクノロジー」の第1弾企画となっています。このXRとは、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)などの技術を一括りにした表現です。

サッカー日本代表の親善試合である「キリンチャレンジカップ」ですが、今後はXRテクノロジーの導入を“チャレンジ”する場としても活用されそうです。