森 大樹

【前編】“Fの10年”を見てきたデウソン神戸の二人。チームのため、フットサル界のために選手ができること。

松宮原田1

今回はFリーグ・デウソン神戸の元日本代表コンビ、松宮充義選手(写真:右)と原田浩平選手(写真:左)を迎えてのインタビュー。

松宮選手は名門・国士舘大学サッカー部を卒業後に本格的にフットサルを始め、シュライカー大阪など国内数クラブを経て、今シーズンからデウソン神戸でプレー。日本代表としては2010年AFCフットサル選手権メンバーなどに選出されている。

原田選手は大学4年時にフットサルと出会い、ブラジルへの短期留学を経て、Fリーグ発足時からデウソン神戸に所属。また、日本代表として2008年AFCフットサル選手権のメンバーなどに選出された。

 

 

一度は引退を考えた松宮選手。現役続行を決意させたのは…

 

今までお二人はフットサルに至るまで、どのようなスポーツをしてきましたか。

 

松宮一般的なスポーツは一通りやってきました。小学生の時はサッカーと同じくらいの割合でバスケットボールをしていた時期もありました。それはバスケットボールをやっていた兄貴の影響ですね。ただ、小学校卒業と同時にバスケットボールは辞めて、そこからはスケートボードを始めました。プロになりたいと思うくらい取り組んでいて、夜11時頃まで練習する日もあったほどです。でもやっぱりサッカーが好きで、そちらをずっと続けることになります。

 

松宮さんは名門・国士舘大学に進学しています。

 

松宮国士舘は上下関係も練習量も突き抜けて厳しかったですね。

フットサルとの出会いも大学時代です。元々兄貴が遊びでやっていて、時々一緒にプレーしていたんです。

元々僕の中での目標はサッカー日本代表になることでしたが、大学2年の時に骨折と靱帯断裂を同時にして、そこから自分では怪我前と比べると力が入らない感覚があったんです。部活の総監督と話をして、J2やJFLのチームでサッカーを続ける道もありました。ただ、Jリーガーになれたとしても日本代表にはなれないかもしれない、と直感的に感じたんですよね。

でももしかしたら、パワーよりもテクニック重視のフットサルなら日本代表になれるんじゃないかと思って。それでシュライカー大阪の前身チームであるマグフットサルクラブで本格的にプレーを始めました。

そこで元フットサル日本代表キャプテンである藤井健太選手とも出会っています。マグフットサルクラブでやった後は名古屋オーシャンズ(大洋薬品BANFF)で初めてプロになりました。その後藤井健太選手から熱心に誘われて浦安に行き、シュライカー大阪に移籍しました。

 

-2014-2015シーズン終了後にシュライカー大阪を退団することになり、引退を示唆するようなコメントを残していましたが、結果的に現役を続けています。

 

松宮本当は14-15シーズン限りで辞めてもいいと思っていたんですけど、(原田)浩平やデウソン神戸元監督の千綿リカルドさんからデウソンに来てほしいと話をされました。彼らからの熱を感じたので、引き受けることにしました。

 

長くFリーグでプレーしてこられましたが、今後よりよくするためにどうしていくべきだと思いますか。

 

松宮たくさん改善すべきことはありますよ。マイナースポーツで環境が悪いという選手はいると思いますが、それを改善するために何か選手側でやっているかというと何もしていない人が多いですからね。例えば僕ら数人の選手が呼びかけてデウソンカップを開催するだけでもお客さんは増えるんです。そんな簡単なことですら今までやってこなかったわけです。当然そういうことをやればその分選手の力も時間も削がれてしまうので、良くないのかもしれません。本来であれば事務局がやった方がいいとは思うので、そこも改善すべき点ですね。

 

原田さんはどのようなスポーツ経歴をお持ちなのでしょうか。

 

原田僕はサッカー以外、特に他のスポーツはやっていなかったです。ただ、子供の頃は心臓が悪かったので、水泳は親に勧められて始めることになり、小学校6年生まで続けました。選手コースに入ったのですが、練習がホンマにきつくて、ゴーグルに溢れんばかりの涙を流しながら泳いでいましたね(笑)中学に上がるタイミングでサッカーか水泳、どちらかを選ぶことになったのですが、迷わずサッカーを続けることにしました!

 

フットサルにはいつ出会ったのでしょうか。

 

原田大学4回生の頃に先輩から日曜日のフットサルに誘われるようになって、面白いと思っていたんです。そうしたら、たまたま今所属しているデウソン神戸のGMが清風高校の先輩で、僕の大学卒業の次の年にFリーグが開幕するから、やりたいなら獲得してくれるという話になって、加入することになりました。ただ、大学卒業から開幕までの1年間は空いてしまうことになるので、開幕までの間にブラジルへフットサル留学に行っていました。

 

神戸一筋の原田選手。自由なチーム色には自覚と責任が伴う。

 

原田さんはFリーグ発足時からデウソン神戸に所属しているわけですが、長くチームを見てきて感じていることはありますか。

 

原田昔からデウソンは良くも悪くも自由なんです。でも自由というのが難しくて、自分をしっかり持っている選手が集まればいい方向に行きますが、持っていない選手が集まるととんでもないことになります。一人ひとりに自覚を持ってもらわないといけません。今は基本的に選手それぞれが仕事をしながらプレーをしているので、以前よりどうしてもチームへの帰属意識が薄い部分はあるようにも思います。

僕はもっと試合にお客さんを入れたいです。選手としてもお客さんがたくさん入っていれば「よっしゃ!やってやろう!」という気持ちになりますから。そのために本当はいろいろなイベントなどを企画したりしてほしいんですけど、運営に関わる人数が少ないですからね。現状維持で、試合をこなすだけで精一杯という感じがします。

もっと選手とフロントが一つになってチームを強くしていけるといいと思います。