【後編】世界のトップをひた走る日本人2人組。神戸発・安床ブラザーズとは何者だ?

2016.01.26 森 大樹

1

 

【前編はこちら】

 

「海外で街中を歩いていると『安床ブラザーズだ!』と気付かれる」

-今までお二人は国内外問わず、本当に様々なところで競技をしてきたと思います。

武士:この前は福井県の大仏の前で滑りました(笑)あとはエッフェル塔やベルリンの壁の前でやったりもしましたね。

エイト:滑る競技の元々の発祥はアメリカで、斜面を使ってスケートボードをやったところから始まっています。アメリカのプールは日本とは違って底が丸いんです。そこで滑って遊んでいたところから専用の台を作って、競技に発展していったわけです。だから歴史としてはスケートボードが一番長く、インラインスケートもそれを追いかけていっているという感じです。

だから小さい頃はアメリカという意識が強かったですが、今はヨーロッパが好きですね。大人になるにつれて、景色もそうですが、人情の部分に惹かれるようになったように思います。

 

武士:一方、インラインスケートの発祥はオランダと言われていて、運河が凍ったところでアイススケートをしていたところから派生し、夏場にシューズに車輪を付けて滑り始めたそうです。だからヨーロッパではインラインスケートが文化として根付いているんです。来月(2016年1月)にあるイギリスの大会には神戸で頑張っている中学生3人を連れていく予定です。技術的にうまくなるためというよりは、そういう世界があるというのを経験として持っていてほしいんです。スケートを通して海外を見ることで、決して遠い場所ではないということを感じられると思います。あとは彼らが活躍できる場所を日本に作ることで、今後も競技を続けられるようにしていかないといけません。

エイト:僕らの場合、日本の方がアウェイですからね(笑)海外で街中を歩いていると「安床ブラザーズだ!」と気付かれることがありますが、日本ではまずないですから。

2

 

-ある大会はお二人が勝ち過ぎてルールが変更になったとか(笑)

エイト:僕らが勝ち過ぎて、なくなった種目はあります!アメリカ人と対等にやり合っている時は盛り上がるのですが、それを超えて僕ら二人だけで優勝争いをしているような状況になると誰も観てくれなくなるんです。そうなるとスポンサーが離れてしまうわけです。たしかに自国の選手が優勝争いからいなくなったら面白くなくなるのは当然ですよね。

今まで大会で勝ってもらったトロフィーや賞状も、僕のか弟のか分からないものが結構あります(笑)賞を獲るまでが一生懸命で、その後はあまり執着心がないんです。中にはサイズが大きすぎてホテルに置いて帰ったものもありました(笑)

僕らの場合、海外で試合に出るとなるとツアーのような形で各地を回るので、大きいものは持ち運べないんです。そのまま日本に戻って来られるなら持って帰ってきたと思いますけどね。

3

 

今まで数えきれないほど国内外でタイトルを獲得

 

 

-ここまでたくさんの賞を獲得してくる上で感じている他の外国人選手との違いはどのようなところにあると思いますか?

武士:ハーフパイプは練習を積み重ねたからこそ、あれだけ高く跳べるようになるわけで、いくら身体能力だけ高くてもうまくできるものではありません。台に合わせてきっちり滑るという一番大事な技術は実はとても地味なもので、アメリカ人はそれがあまり得意ではないんです。一か八かを覚悟で行く、というのが好きな人種なんです。

エイト:だからアメリカ人選手をライバル視しなくなったのは結構早い段階のことです。ガッツだけはあります!みたいな選手がほとんどなんです。僕らはむしろヨーロッパやオーストラリア、ブラジルなどの選手を警戒することの方が多かったです。

武士:国柄って本当にあるんやな、と思いました(笑)最近ではスノーボードのハーフパイプなども日本人選手が活躍するケースが増えていますが、僕らからすると当然のことで、競技を追求するために地味なことでも続けられる国民性をよく表していると思います。体格が左右されないスポーツであれば、日本を含め、我慢できる国の選手が絶対強くなりますね。

エイト:もし僕らから今後そういう競技に挑戦する人に伝えられることがあるとすれば、日本人選手は無理に海外に馴染もうとしない方がいいということです。変に馴染もうとしてダメになった選手を山ほど見てきました。

武士:海外の選手は試合期間中でも飲み歩いている人も多いですからね。

エイト:毎晩どこかで必ずパーティーが開かれているんですけど、僕らは試合中にそんなものには一度も行ったことはありません。

武士:もちろん試合終了後のアフターパーティーなどには参加しますよ。でも海外の選手に無理に合わせたり、楽な方に逃げたりする選手が何人も消えていくのを僕らは見てきました。