海外に渡り、味わった挫折経験。元Fリーガーが伝えたい世界のレベルと、選手として大切なこと

2016.09.14 森 大樹

片山堅仁氏はFリーグ・シュライカー大阪で活躍し、2013年日本代表候補入りもした元フットサル選手。2015年に27歳の若さで引退した彼は現在、海外遠征のコーディネートや通訳業務を行う他、サッカー・フットサルスクールの運営を手がける。その背景には彼が10代で海外に渡り、現地で学んで経験したことを日本に還元したいという想いが込められている。

 

海外へ渡ったことで得た自信と挫折

まず、片山さんは若くして南米に渡っていますが、その経緯から教えてください。

僕は高校卒業後、サッカーをするためにすぐにブラジルとアルゼンチンに行きました。海外に行っていたのは23歳の途中までです。フットサルはあくまでサッカーのトレーニングの一環としてやっていた程度でした。

海外でやってきたことで、自分はできるという過信がありました。そのせいで日本のレベルを甘く見ていたんです。でも、帰国して、他の日本人選手のレベルの高さを見た時に正直、Jリーグに入るのは厳しいと思いました。そう思ってから何ヶ月間かは本当に何をしていいか、分からない状態になってしまいましたね。それまでサッカーのために海外に行き、朝起きて、寝て、食事をして…という生活を送っていたわけですから。もう何も無くなってしまった感じです。

 

しかし、そもそもいきなり海外に、しかも南米に行くとなると言葉の壁は大きそうです。

そうですね。今でこそポルトガル語とスペイン語と日常会話程度の英語は話せるようになりましたが。

もちろん初めは言葉なんて分かるわけがないですが、それでも僕は海外選手の輪の中にどんどん入っていくようにしました。

実はその姿勢はサッカーにも通じるところがあって、下手な選手でも自信を持ってやっているとある程度は付いてくる部分があります。日本人には100%じゃないと人に見せたくない、という風潮がありますが、そもそも失うものなんてないんですから、どんどん見せていった方がいいと思います。

 

%e7%89%87%e5%b1%b1%e3%81%95%e3%82%934

フットサルに転向した理由は?

サッカーの道が厳しいと判断し、自分のアイデンティティというか、価値は何だったのかを模索するようになっていく中で、フットサルを本格的にやり始めました。だから実はフットサル歴は短く、23歳から27歳の5年間です。

始めた当初はパスを出してすぐに走らないといけないので正直疲れるし、つまんないなとは思っていました(笑)

でも高いレベルにいけばいくほど、フットサルは奥が深いとわかりました。そこまで突き詰めて初めて“フットサルよりサッカーの方が楽しい”という考え方を覆すことができます。初めは動きが分からないとか、そういう壁はありますが、それを越えると楽しいと思えるようになってきます。僕の場合はこれに懸けているという鬼気迫るものもありましたしね。

 

%e7%89%87%e5%b1%b1%e3%81%95%e3%82%931

日本と海外の違いは“止めて、蹴る”の速さ

日本人と外国人を選手として比べた時に一番違う部分はどこですか?

一番の差はボールを止めて、蹴るという動作を実行するスピードの速さが一番の違いです。

今の日本の環境だと指導者はドリブルや派手なフェイントができる選手をよしとするんですけど、実際はそういうすごく基本的なことが最も大切なんです。

日本ではボールを蹴る動作の1つ1つを分けて教えているんです。でも海外ではそれをいつどのタイミングで行うのか、練習の段階から試合を想定して行っています。つまり日本人は武器の手入れは入念にやるのに、その使い方を知らないということです。

かといって、それをいくら伝えたところで海外のトップレベルが本当にそうやっているのを見ていないですから、なかなか心の底から受け入れるのは難しいですよね。だからそれを観る機会、もしくは対戦する機会を作っていく必要があるんです。

 

現在片山さんはどのようなことに取り組んでいるのでしょうか?

僕は今、海外遠征の企画、通訳業務に加えて、サッカースクールとフットサルスクールをやっています。そこで指導をすると同時に海外の指導者を日本に連れてくる、海外に日本の選手を連れていくということをやっています。そうやって僕が海外選手とやって感じてきたことを子供達にも感じてほしいと考えています。

現在ですと、僕が代表を務めているUNO WORLD SPORTSでは、世界最大の国際ジュニアサッカー大会「MIC FOOTBALL CUP」への参加する日本選抜メンバーの募集(リンク)を行っています。これは2017年4月にスペインで開催される大会で、かつてはネイマール、メッシなどの現在世界のトップで活躍する選手も出場しました。

僕はとにかくこういった機会を通して世界を知ることが重要だと思っています。極論、世界を知ることができるならサッカーやフットサルといった手段でなくてもいいんです。

あとは、なれる確率がものすごく低いのに“プロになることが全て”という考え方もよくないと思っています。僕もたまたまサッカーを通して言葉を学べた結果として生活できているだけですから。

日本は1つのことをずっと続けるというのが美徳だったりもしますが、海外ではやるスポーツを季節で分けたりしていて、いろいろ試すことができます。そういう良さも海外にはあるので、見習う部分は多いと思います。

 

若いうちに海外の優秀な選手のプレーや思想を知ることができたら、さらに高いレベルを目指すきっかけになりそうです。

実は15歳くらいの頃から今の事業について考えてはいました。初めて僕がサッカーで海外に行ったのは11歳の頃で、その時に一番強く受けた印象は“格好いい”ということでした。そこに自分はいたいし、大好きなサッカーで海外に行けたら最高だな、と思い続けていたんです。

世界最高峰のフットサルクラブ、インテル・モビスターへの練習参加ができる「スペインフットサルチャレンジ」というのがあります。これはセレクションで選ばれた将来有望な若い日本人選手達にとにかく早い段階でそういうトップレベルを知ってもらいたいという気持ちから開催しました。

日本の地域リーグを見て、フットサルはレベルが低いと判断してしまうのはもったいないと思うんです。もっと世界のレベルの高いプレーを見てフットサルそのものの価値観を変えていかないといけない気がしています。

そもそも海外だと試合会場だけでなくて、街中に出ていってもおっさんや子供がしているスポーツの会話の質が違います。「この人たちはスポーツを知っているな」と思うようなことを話していますから(笑)レベルの高い会話をしている大人を見たら、子供も自然とそうなっていくんでしょう。

まだスポーツを知らない人に知ってもらい、興味を持つ人が増えていけば観る側全体の目も肥えていきますし、する側もその人達を納得させるようないいプレーをしようとするので全体としてのレベルも上がっていくと思います。この両側のレベルや意識が上がっていかないとダメなんです。

 

自分を超える選手のために“答え”は言わない

スクール事業もしているとのことですが、指導の際に心がけていることがあれば教えてください。

指導する上で気をつけているのは僕から絶対に答えを言わないことです。もしかしたら僕の答えを飛び越えてくる人がいるかもしれません。もしそうだとしたら、その人の伸びしろをなくしてしまう可能性があります。

だからあくまでヒントを与えるまでに留めます。じゃないとロボットになってしまいますから。スポーツにおいて絶対に同じシチュエーションは生まれないので、パターンを決めることもできないはずです。それがスポーツの面白さでもあるわけですしね。

同時に僕も指導者として学ぶことを怠らないようにしています。ありがたいことに、海外の有名クラブの指導者と触れ合える機会が僕は多いので、そういう時にはとにかく質問をするように意識しています。貴重な機会をフルに活用するということですね。それで得られた情報こそが自分にしか出せない価値へと変化していきます。

もしかしたらしつこいように見えるかもしれませんが、素晴らしい指導者は人間的にも優れていて、質問してくれることが嬉しいし、それが日本のためになるなら喜んで答えるという人ばかりです。僕は本当に常に学ばせてもらっています。でもそこで学んだことも絶対ではないので、子供に対しても答えとして教えることはありません。

海外の優秀な指導者というのは同じことを伝えようとしていても言葉のチョイスがうまいんですよね。スペインのとある有名なコーチはピッチ上のチームを「電車」だと言いました。電車は1両目、2両目、3両目と連なっていくもので、それはサッカーでも同じ。攻撃時にも守備時にも全体が連動して動くものだと教えるんです。それができていれば、ボールを途中で奪われてもまたすぐに奪い返せる体制が整います。

逆に1両目と2両目が離れていまうと誰もボールを奪いにいく人がいなくなってしまうからまずいということです。だから常にチーム全体で動くという意味を込めて、「電車に乗り遅れるな」という表現を用いています。

 

%e7%89%87%e5%b1%b1%e3%81%95%e3%82%933

スペインでもポゼッションからの得点は2割程度

片山さんはどこの国のプレースタイルが好きですか?

僕が好きなのはスペインですね。本当はブラジルが好きなので、そちらに渡ったりも行ったりしてはいるのですが。スペインはどうしたらブラジルに勝てるかというところから戦術や考え方を作っていっています。もちろんそのままやってもダメでしょうが、日本も真似をするならスペインの方がいいと思います。日本人は世界に出たら体も小さいし、スピードがあると言っても他の国にもそういう選手はいます。そうなるとちょっとした考え方や細かいポジショニングなど、外国人選手が少し足を伸ばしてごまかせるようなところを早い段階から突き詰めていかないと勝てないでしょう。スペインはまさにそこに力を入れているんです。

実はスペインリーグも分析すると得点パターンの8割はカウンターとセットプレーからなんです。残りの2割はポゼッションからのゴールということになりますが、その中の8割はバルセロナの得点です。いずれにせよ、圧倒的にポゼッションからゴールを奪える可能性は低いわけです。だからバルセロナ以外のチームはそこまでポゼッションの練習はしていません。

日本ももっとデータを見て、理想との差を分析し、結果に結びつけていかないといけません。僕はむしろその辺りは日本の得意分野なのでは?と思っているくらいです。

僕が育成方針で一番だと思うのはバルセロナです。バルセロナはピッチ内外をリンクさせて考えます。ピッチ外で人のことを考えられない人が、ピッチ内で考えられるわけがないという考え方です。ひとりよがりになって、チームのためにプレーできない選手は求めていないということですね。

基本的に強いチームはそういうところも大切にしていますから、エンブレムがなくてもどんなところに所属しているのかはすぐに分かるものですよ。

 

今までサッカーやフットサルに関わってきて、最も印象的だった出来事を教えてください。

僕はボカ・ジュニアーズというクラブが好きなのですが、アルゼンチンのボン・ボネーラというボカのホームスタジアムに行った時に、サッカーとか、そういうものを超えたものを感じて震えたんです。本当に鳥肌が立ちました。

選手に話を聞いても、もうこの1試合で死んでもいいという気持ちでプレーをしていると言うんです。そう思える環境を作り出している国、チーム、スタジアムというのが、純粋にすごいと思いました。未だに僕もその場でプレーしてみたいとは思いますよ。ブラジルもスペインのクラシコもすごいですが、やっぱりボン・ボネーラのあの感じは異質でした。

 

選手である以前に一人の人間として何ができるのか

これから日本のフットサル界を良くしていくためには何が必要だと考えていますか?

世界トップクラスのフットサルクラブであるインテル・モビスターはフットサルという枠を超え、競技を知らない人に向けても発信をすることでチームの価値を上げていくという努力をすごくしています。試合以外の部分でもイベントの開催やSNSのフル活用などを積極的に行っているんです。競技の中だけでなく、外の人にも発信していくことは日本ももっとやっていく必要があるように思いますね。

実は選手の中にも日本のフットサルをもっとよくしたいと思っている人がたくさんいるんです。でも自分ができることはすごく限られているので、フットサルの外にいる人々に協力してもらわないとこの状況を変えていくのは難しいと思っています。

選手1人では本当に何一つできないんですよ。これは引退してからさらに痛感しています。僕が日本代表候補だったとか、Fリーガーだったとか、そんなことは、周りが思っているほど価値はないです。あったとしても業界の本当に狭い世界の中の話です。外の世界に出ていったら何にもなりません。

だから現役のうちから選手にはチームのエンブレムを取った時に一人の人間として何かできるのかを考え、練習以外の時間を有効に使うことを考えてもらいたいです。それももっと早い段階から、それこそ中学、高校のうちからやった方がいいと言うアスリートがもっと出てきてほしいです。そうすればもっと勉強や語学に対する捉え方も変わっていくんじゃないかと思います。僕なんかより影響力のある選手にそこを発信してもらいたいです。

僕らみたいにボールを蹴っているだけだと知ることができないものが世の中には間違いなく存在しています。だからそういう社会のことをアスリート向けに教えてくれるような場もできるといいですね。

 

最後に読者へメッセージをお願いします。

僕は今、夢を持たないことにしています。今まで選手として夢を追い続けてきたのですが、叶っていない時はやはりネガティブな感情になって毎日苦しかったです。結果を出せていなければ焦りもありましたし、そのせいで試合前に気持ち悪くなったりもしました。…メンタルが弱いだけかもしれませんが。笑

もちろん、夢を持ち、夢に向かって生きる事で成長できた部分もたくさんありますし、夢を持つことは素晴らしい事です。ただ、僕が言いたいのは、夢がない事をネガティブに捉える必要はないという事。

今、僕は夢を持たないことで楽しめている部分があるんです。だから逆に今は特に何かを決めずに、今やれることを一生懸命やりたいです。子供にも別に大きな夢を持てと言うつもりはないです。

例えば一輪車に乗れるようになりたいとか、そういう自分がやりたいと思うことを夢と呼ぶことだってできるんです。小さい目標をクリアしていくに連れて、絶対成し遂げたい夢というのが出てくるかもしれないので、それを1つずつ子供達にはチャレンジしていってほしいですね。

 

現在、片山氏が代表を務めるウノワールドスポーツでは、かつてネイマール、メッシなどの世界トップ選手も出場した、世界最大の国際ジュニアサッカー大会「MIC FOOTBALL CUP」へ参加する日本選抜メンバーのセレクション募集を行っています!

詳細はこちら